銀閣寺

銀閣寺

銀閣寺とは

銀閣寺は正式名称を東山慈照寺といい、室町幕府の八代将軍足利義政によって造営された山荘東山殿がもとになっています。

1994年には「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録されています。

参拝料金と参拝時間

銀閣寺パンフレット

参拝料金(拝観料)は大人・高校生だと500円、小中学生は300円。

参拝時間は夏季(3/1〜11/10)は午前8:30~午後5:00、冬季(12/1〜2/末日)は午前9:00~午後4:30となっています。

年中無休ですが、特別拝観時は参拝時間が変更になることもあるので注意しましょう。

※2017年7月時点の情報です。
銀閣寺公式サイトはこちら

銀閣寺へのアクセス

京都市を観光でまわる際は京都市バスを利用するのが便利です。
銀閣寺へは「銀閣寺道」や「銀閣寺前」というバス停が最寄りで、そこから徒歩で行ける距離にあります。

▼他の観光名所もまわる場合は、京都市バスが乗り放題になる1日乗車券(500円)が便利です。
1日乗車券はバスの中で購入することもできますが、売り切れの場合もあるので、バスターミナルやホテルなどで事前に購入するのがおすすめです。

京都市バス1日乗車券

銀閣寺へ向かう途中にあるお店

銀閣寺周辺にはいくつかお店が並んでいます。
うどん、雑貨屋、お土産ショップと様々ですが、やはり日本的なお店が多いですね。
八ツ橋屋 西尾為忠商店、本家八ツ橋、本家西尾八ツ橋など八ツ橋の店舗もたくさんありました。

ここではいくつかご紹介します。

本家西尾八ツ橋

▼本家西尾八ツ橋の銀閣寺店です。夏にぴったりの商品としては「あんなま」が有名です。
青りんご、夏みかん、マンゴーラムネももブルーベリーといった種類が売られていますよ。
(季節によっては売られていないこともあります)

西尾八つ橋銀閣寺
▼本家西尾八ツ橋銀閣寺店の所在地

こづち

▼こちらのお店「こづち」はちりめん山椒が人気とのこと。
実際に試食もいただきましたが、さっぱりとしていておいしかったです。

ただ、今回はお菓子が目的だったので、お店の方イチ押しの「くず餅しろ」を購入しました。

他にもあん入りの生八ツ橋などが売られています。

こづち銀閣寺
▼こづちの所在地

銀閣寺の敷地内にあるお店

銀閣寺お土産ショップ
銀閣寺の敷地内には出口付近にお土産ショップがあります。
雑貨が中心で扇子、うちわ、絵葉書など日本的なものが多くそろっています。
お菓子は、俵屋吉富、豆政など京都の老舗のお菓子がいくつか売られていますが、銀閣寺ならではのものは少なめでした。

▼レジ付近には銀閣寺のチロルチョコが1個単位で売られていたので、試しに購入しました。
味はいたってシンプルなミルクチョコレート味です。

銀閣寺チロルチョコ

銀閣寺の敷地内で販売されているお土産の一覧

銀閣寺のおみやげ35件

全 35 件中 1-30 件を表示