遠江屋本舗 湯せんぺい

湯せんぺいの概要・歴史

長崎県・雲仙の土産といえば「湯せんぺい」
雲仙には湯せんぺいを販売する会社がいくつかあるようが、今回ご紹介するのは、遠江屋(とおとうみや)本舗の湯せんぺいです。

雲仙を代表する銘菓の一つである「湯せんぺい」は旧島原藩主松平公が考案したものだそう。

小麦粉・卵・砂糖に温泉水を加えて焼き上げる、ほんのり甘くサクサクとした軽い歯ざわりのおせんべいです。

お店は雲仙地獄(雲仙国立公園)の温泉神社前にあります。
こちらでは、焼きたての湯せんぺいが1枚80円で購入できます。また、手焼き体験も出来るので、旅の思い出に挑戦するのもいいですね。

<手焼き体験>
内容:原料の説明や焼き方の方法、湯せんぺいの歴史など
時間:お一人様 約30分
体験料:お一人様 1,000円(小学校高学年以上より)
もちろん、焼き上げた湯せんぺいはお持ち帰り可能です。

湯せんぺいを食べた感想

湯せんぺいは、「原材料に温泉水を使用する」ということを今回初めて知りました。

薄焼きのおせんべいですが、和菓子より洋菓子に近い気がします。
すごく優しい甘さで、これが「昔ながらの味」なのだろうと感じました。

サクサクとした食感も楽しく、気づくと手が伸びてしまいます。このように、次々と食べてたくなる商品です。

今回購入したのは10枚入りですが、箱の中では5枚ずつに分かれて袋に入っていました。

余談ですが、「雲仙温泉」人が多すぎず、のんびり過ごすには最適な、穴場の温泉街の上、国立公園にもなっている温泉地獄も絶景ですので、ぜひ行ってみてくださいね!

10枚入り 360円
15枚入り(八角形化粧箱) 540円
20枚入り 720円
40枚入り 1,440円

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名遠江屋本舗 湯せんぺい
内容量10個入り15個入り20個入り40個入り
製造者遠江屋本舗
製造者住所長崎県雲仙市小浜町雲仙317
原材料小麦粉砂糖食塩膨張剤、温泉水
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3ヶ月
保存方法高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 6.0cm
名産地長崎県雲仙
販売場所長崎空港長崎駅大村湾PAグラバー園小浜温泉雲仙温泉
おみやげの種類せんべい和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。