夕子(日向夏)

夕子(日向夏) 外装
夕子(日向夏) 外装夕子(日向夏) 開封した写真夕子(日向夏) 中身の写真

夕子(日向夏)とは?

京都のお土産の定番「八ッ橋」。
京都にある八ッ橋を作るたくさんのお店の中から、今回ご紹介するのは「井筒八ッ橋本舗」の生八ッ橋です。

井筒八ッ橋の創業は文化二年(1805年)、江戸時代にまで遡ります。
ただ、生八ッ橋で餡を挟んだ「夕子」シリーズの歴史は新しくて、昭和45年(夕子という名前になったのは昭和45年)なんです。

今でこそ八ッ橋といえば三角の形をしたものを思い浮かべますが、八ッ橋の歴史からするととても新しい商品なんですね。

夕子(日向夏)は夏限定で販売されている、「日向夏」を使った八ッ橋です。
そのまま食べても美味しいですが、少し冷やすとさらに美味しく食べることができます。

八ッ橋の皮に寒天が使われているので、冷やすと弾力のある生八ッ橋を楽しむことができるんですよ。

夕子(日向夏)を食べた感想

袋を開封した瞬間、袋の中からは日向夏の爽やかな香りが飛び出してきました。
まだ食べてもいないのに少し嬉しい気分に。

袋の中には白い皮の生八ッ橋が。
うっすらと黄色い日向夏の餡が透けて見えます。

生八ッ橋の皮からはほんのりと日向夏の爽やかな香り。
皮だけをまず食べてみると、さわやかな酸味を感じます。
夏らしい八ッ橋ですね。

中に入っている黄色の餡は日向夏を使ったもの。
柑橘系のさわやかな香りと酸味が心地良いですね。

餡は酸味より甘さが強いという印象です。
決して酸っぱい餡ではありません。

そしてこの餡をさらに美味しくしているのが日向夏の皮。
餡の中には日向夏の皮が練り込まれているので、ちょっぴり苦みもあるのです。

酸味、甘味、苦み。この3つがいい感じに調和しています。

夕子(日向夏)が買える場所

夕子(日向夏)は井筒八ッ橋本舗の各店舗オンラインショップ京都駅などで購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名夕子(日向夏)
内容量10個入り
製造者(株)井筒八ッ橋本舗Y
製造者住所京都市東山区川端通り四条上る常盤町178番地
原材料日向夏あん(砂糖、いんげん豆、日向夏、還元水飴、寒天)、米粉、砂糖、粉あめ、でんぷん、葛粉、寒天/トレハロース、加工デンプン、酸味料、乳化剤、香料、増粘多糖類、着色料(クチナシ色素)、pH調整剤、酵素、(一部に乳成分・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約11日
保存方法直射日光・高温・多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 13.3cm × 奥行き 20.6cm × 高さ 2.5cm
名産地京都府
販売場所京都駅ジェイアール京都伊勢丹近鉄百貨店草津店
おみやげの種類和菓子八ツ橋
価格帯1,000円以内