夕子(緑茶といちご)

夕子 緑茶といちご 外装
夕子 緑茶といちご 外装夕子 緑茶といちご 開封した写真夕子 緑茶といちご 中身の写真

夕子 緑茶といちごとは?

京都に数ある八ッ橋屋さんの中から、1805年創業の老舗「井筒八ッ橋本舗」が手がけるあん入りの生八ッ橋「夕子」を紹介します。

「夕子」の由来は、水上 勉(みずかみ つとむ)作「五番町夕霧楼」のヒロイン「夕子」です。井筒八ッ橋本舗の「夕子」は可憐で清楚な美しい女性の心を表現しているんですよ。

「夕子 緑茶といちご」は春らしい緑茶といちごを使った生八ッ橋。

「緑茶」は細かく挽いた茶葉と白あんをあわせた「緑茶あん」です。

一方、「いちご」にはいちごの爽やかでやさしい風味を生かした「苺あん」が白い生八ッ橋で包まれています。

販売期間は4月21日〜5月30日まで。

入り数は以下の通りです。

  • 10個入り(緑茶・いちご各5個):540円
  • 16個入り(緑茶・いちご各8個):864円

夕子 緑茶といちごを食べた感想

いちごとお茶が描かれたパッケージの中に入っているのは、「緑茶」と「いちご」の餡が入った生八ッ橋です。

どちらも白い生八ッ橋で色鮮やかな餡を包み込んでいます。

緑茶

鮮やかな緑色の餡が包み込まれているのは「緑茶」。

生八ッ橋にはたっぷりときな粉がかかっています。

一口食べると緑茶のいい香りが口の中いっぱいに広がります。

最初はほのかな香りがして、次第に強いお茶の味わいに変化していくんです。

餡の中には細かな茶葉も入っているので、しっかりとしたお茶の味わいを楽しめますよ。

もっちりとした生八ッ橋と香り豊かな餡がとてもおいしい夕子です。

いちご

真っ白な生八ッ橋から透けて見えるのは、鮮やかな赤色をした苺あん。

食べる前から爽やかないちごの香りが楽しめます。

一口食べると口の中はいちごでいっぱいになり、爽やかで甘酸っぱいいちごの味わいがたまりません。

中に入っているいちごの粒々も食感に変化を与えてくれます。

いちごを食べていると実感させてくれる夕子です。

夕子 緑茶といちごが買える場所

夕子 緑茶といちごは、井筒八ッ橋本舗の各店舗オンラインショップで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名夕子(緑茶といちご)
内容量10個入り16個入り
製造者(株)井筒八ッ橋本舗 Y
製造者住所京都市東山区川端通り四条上る常盤町178番地
原材料【緑茶】緑茶あん(砂糖、いんげん豆、抹茶、緑茶、寒天)、米粉、砂糖、きな粉、トレハロース、着色料(クチナシ色素)、香料、酵素、(一部に大豆を含む)、【いちご】いちごあん(砂糖、いんげん豆、いちご、いちご種、寒天)、米粉、砂糖、きな粉、トレハロース、香料、酸味料、着色料(紅麹色素)、酵素、(一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日
保存方法直射日光・高温・多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 13.4cm × 奥行き 20.6cm × 高さ 2.5cm
名産地京都府
販売場所京都駅近鉄百貨店草津店
おみやげの種類八つ橋
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。