元祖吉野屋 白玉饅頭

吉野屋 白玉饅頭 外装
吉野屋 白玉饅頭 外装吉野屋 白玉饅頭 中身(全体)吉野屋 白玉饅頭 中身(拡大)

元祖吉野屋 白玉饅頭について

製造・販売しているのは、創業130年の老舗・元祖吉野屋。
白玉饅頭は、初代からの製法を6代に渡り受け継がれている「お米とあんこの素朴なおまんじゅう」です。

元祖吉野家の初代が「九州の嵐山」といわれている佐賀県大和町の川上峡で、行楽客に喜んでもらえる商品として地元で作られていた伝統菓子を商品化しました。
これが白玉饅頭の始まりで、今では川上峡名物として親しまれています。

もち米の名産地である佐賀県のお米を、あんは北海道産の小豆を使用。
二回蒸して、二回こねて、手間をかけて作られています。

作りたてを急速冷凍し、保存料や添加物を一切使用していません。
原材料にこだわる方も安心していただけますね。

元祖吉野屋 白玉饅頭を食べた感想

冷凍で送られてきましたので、まずは解凍します。
冷蔵庫での解凍や保管は品質が劣化すると書かれていたため、室温で解凍しました。

解凍時間は、夏場1時間・冬場3時間以上とのこと。食べたい時間に解凍されるように時間を計算しておきましょう。

じっくり解凍するのが、おいしくいただくためのコツ。
解凍したら再冷凍せず、その日のうちにいただくことが推奨されています。これが、白玉饅頭をおいしくいただくためのルールなんですね。

蒸し器や霧吹きがなかったので、そのまま団子をお皿に乗せてラップしてレンジであたためると、表面が少々固くなってしまいました。

次の袋を解凍する際には、水で軽く濡らしてからお皿に乗せてラップし、レンジでチンしました。
すると、表面はつるつる、もちもち。生地が甘くないので、甘すぎない上品な味でした。きな粉やごまも合います。

歯切れの良い生地で、他の白玉やだんごと比べて歯にくっつきません。
3歳の娘には4分の1にカットしてあげました。よく噛んで、おいしそうに食べていました。

素朴な味が好きな方に渡したいおみやげです。

元祖吉野屋 白玉饅頭の種類と値段

元祖吉野屋 白玉饅頭は、1袋に3個入っています。
白玉饅頭と焦がし白玉饅頭、玄米白玉饅頭とのセット販売もありますよ。

  • 1袋入り 292円
  • 3個入り×5袋 1,458円
  • 3個入り×8袋 2,333円
  • 3個入り×10袋 2,916円

詰め合わせ

  • 白玉饅頭3個と焦がし白玉饅頭2袋 1,350円
  • 白玉饅頭5袋と焦がし白玉饅頭5袋 2,646円
  • 白玉饅頭(5袋)+ 玄米白玉饅頭(5袋) 3,078円
  • 白玉饅頭(3袋)+ 玄米白玉饅頭(3袋)+ 焦がし白玉饅頭(3袋) 2,560円

写真は3個入り×3袋(9個)です。生協の共同購入で購入しました。

元祖吉野屋 白玉饅頭の購入方法

不定期で、百貨店のイベントなどで実演販売されている場合があります。
気になる方は、フェイスブックページをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名元祖吉野屋 白玉饅頭
内容量3個入り9個入り15個入り24個入り30個入り
製造者元祖吉野屋 六代目清兵衛
製造者住所佐賀県佐賀市大和町梅野173
原材料砂糖食塩小豆
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3ヶ月(解凍後は1日)
保存方法-18°C以下にて保存ください
箱の大きさ横 19.5cm × 奥行き 15.7cm × 高さ 3cm
名産地佐賀県佐賀
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。