浅野 四十二万石

浅野四十二万石 外装
浅野四十二万石 外装浅野四十二万石 開封浅野四十二万石 中身

浅野 四十二万石ついて

浅野 四十二万石(あさの よんじゅうにまんごく)は、広島県広島市に本店を構える和菓子店の天光堂(てんこうどう)が製造・販売しています。

販売開始されたのは1934年(昭和9年)で、天光堂の創業者である田川徳一が考案しました。

当時、つくった和菓子をリヤカーで戦災前の広島城周辺で売り歩いていたところ、田川氏が広島城を見て、江戸時代に広島藩主として代々広島城下を治めた、浅野家にちなんだ商品をつくることを考えついたそうです。

和菓子の命ともいえる餡を大切にすることをコンセプトとし、小豆餡(こし餡)と白餡の2種類があります。

使う小豆は厳選した北海道産のもの。

饅頭の大きさは、直径約5.5cm、高さ約2.5cmで、ドーム型です。

見た目は小豆餡も白餡も同じで、皮も同じものとなっています。

饅頭の皮は「かす饅頭」と呼ばれる、卵・小麦粉・蜂蜜を使い、練り上げたものです。

かすまんじゅうは一晩寝かすのが一般的ですが、こちらは寝かす時間を2時間にすることで独特のなめらかな皮に仕上がっています。

商品名は、広島藩浅野家の石高が四十二万石だったことに由来しています(※ 時代により石高は前後します)。

1951年(昭和26年)には、浅野家の16代目の末裔となる浅野長武氏が天光堂を訪れ、感銘を受け、名称の使用を許諾したそうですよ。

以来、浅野 四十二万石は、天光堂の代表菓子となり、広島市の銘菓としても市民の間で定着しました。

現在、天光堂の看板商品であり、天光堂は「浅野四十二万石本舗」を名乗るほどです。

浅野 四十二万石を食べた感想

浅野 四十二万石の皮の生地は、表面を触るとツルツルとしてやや固い印象です。

食べてみると、生地表面は意外にとてもサクサク。

生地の内部は、かなり薄いのにふわっとした食感でした。

香ばしい風味と甘さを感じます。

中には小豆餡または白餡がたっぷりと詰まっていますよ。

小豆餡

浅野四十二万石 中身拡大 小豆餡

小豆餡はこしあんで、舌触りは、ねっとりとしています。

あんこらしいコクのある甘さでしたよ。

白餡

浅野四十二万石 中身拡大 白餡

白餡もこしあんです。

こちらの舌触りもねっとりとしたものですが、小豆あんよりもねっとり感を強く感じました。

また、甘さもやや小豆あんよりも強い印象です。

浅野 四十二万石の購入について

浅野 四十二万石は、天光堂の店舗で購入できます。

そのほか、天光堂のオンラインショップで取り寄せもできますよ。

浅野 四十二万石の入数・価格

4個入以上は、小豆餡と白餡それぞれ半数ずつ入っていますよ。

1個(小豆餡・白餡)138円 (税込)
4個入649円 (税込)
8個入1,296円 (税込)
10個入1,576円 (税込)
12個入1,864円 (税込)
15個入2,289円 (税込)
20個入2,860円 (税込)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名浅野 四十二万石
内容量1個入り4個入り8個入り10個入り12個入り15個入り20個入り
製造者天光堂
製造者住所広島県広島市中区千田町2-11-8
原材料タグを削除: 【小豆餡】小豆生餡、砂糖、小麦粉、卵、オリゴ糖、蜂蜜、練乳、ブドウ糖、還元水飴、脱脂粉乳、寒天 【小豆餡】小豆生餡、砂糖、小麦粉、卵、オリゴ糖、蜂蜜、練乳、ブドウ糖、還元水飴、脱脂粉乳、寒天、クロレラ、トレハロース、膨張剤、酸味料、【白餡】白生餡(手亡豆)、砂糖、小麦粉、還元水飴、蜂蜜、練乳、ブドウ糖、脱脂粉乳、寒天、クロレラ、トレハロース、膨張剤、酸味料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日
保存方法直射日光・高温での保存は避ける
箱の大きさ横 14.5cm × 奥行き 27.5cm × 高さ 5cm
名産地広島県広島市
販売場所福屋八丁堀本店そごう広島店
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内