あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」

あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」 外装
あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」 外装あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」 開封した写真あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」 中身の写真

あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」とは?

京都の有名なお土産といえば八ッ橋。
お土産の定番ということもあり、京都には八ッ橋を作るお店がたくさんあります。

数ある八ッ橋屋さんの中から今回ご紹介するのは、元禄二年(1689年)創業の本家西尾八ッ橋。

わたしは西尾の八ッ橋が好きで昔からよく食べています。
その理由は種類の豊富さ。季節によっていろんな味の生八ッ橋が楽しめるんですよ。

あんなま「ラムネ」も夏限定の生八ッ橋のひとつ。
青い色の生八ッ橋は初めて見るとビックリしますよね。
わたしも初めて「ラムネ」が登場した時には目を疑いました。

ラムネを八ッ橋にするという発想もすごいですが、青色っていうのが斬新ですからね。
最初は買うのを躊躇していたのですが、一度食べると病みつきになる美味しさ。
夏になると必ず一度は買って食べる生八ッ橋です。

「あんなま ラムネ」を含め、本家西尾八ッ橋からは「夏のあんなま」としてこの6つの味が販売されています。

  • 青りんご
  • 夏みかん
  • マンゴー
  • ラムネ
  • もも
  • ラムネ

京都旅行の際には食べてみてくださいね。
どれもとってもさわやかで美味しい八ッ橋です。

今回ご紹介したあんなまは5個入り。
いろんな種類があるので、少しずつ楽しめるのが嬉しいですね。

わたしはお土産を持って行く時には、この5つ入りのあんなまをたくさんの種類買うようにしています。
そして相手に自由に選んでもらうんです。

ニッキや抹茶といった定番の八ッ橋は有名ですが、季節限定商品や珍しい味はあまり知られていないようでいつも喜んでもらえます。

あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」を食べた感想

見るからに爽やかなあんなま「ラムネ」は食べる前に少し冷やすのがポイント。
ひんやりとした生八ッ橋は暑い夏の日にはぴったり!

青い色が印象的な生八ッ橋の皮は、さっぱりとした甘さです。
皮はラムネの味がしません。

青い皮の中に入っているのが白いこし餡です。
この餡はさわやかなラムネ味で、食べると爽快な気分になります。
冷たい麦茶と一緒にどうぞ!

生八ッ橋は冷やすと美味しいですが、冷やしすぎは禁物。
冷やしすぎると固くなってしまうので、食べる30分前くらいに冷蔵庫に入れてください。
30分程度冷やすだけでも十分美味しくいただけます。

あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」が買える場所

あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」は、本家西尾八ッ橋各店舗オンラインショップや京都の主な駅などで購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名あん入り生八ッ橋 あんなま「ラムネ」
内容量5個入り
製造者本家八ッ橋西尾株式会社
製造者住所京都市左京区聖護院西町7
原材料砂糖米粉いんげん豆澱粉還元水飴寒天トレハロース酵素香料酸味料クチナシ青色素コチニール色素(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1週間
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 16.0cm × 奥行き 11.2cm × 高さ 2.5cm
名産地京都府
販売場所京都駅新大阪駅ジェイアール京都伊勢丹
おみやげの種類和菓子八つ橋
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。