大和屋 福重ね

大和屋 福重ね 外装
大和屋 福重ね 外装大和屋 福重ね 開封大和屋 福重ね 中身

福重ねついて

福重ね(ふくかさね)は、広島県福山市にある和菓子店の大和屋(やまとや)が製造・販売しているブッセです。

大和屋の創業は1872年(明治5年)で、約150年の歴史がある老舗。

そんな大和屋は和菓子をメインにしながらも、洋菓子もつくっており、福重ねもその中のひとつですよ。

福重ねの包装

大和屋 福重ね 外装2

福重ねは、大和屋共通の包装紙と箱に入っています。

箱は無地のシンプルなものです。

「いちご」「つぶ餡」の2種類

大和屋 福重ね 中身2

福重ねの大きさは、直径約8cm、高さ約2.5cmです。

円盤形のブッセで、中にはさまれているのは「いちご」と「つぶ餡」の2種類の味があります。

いちご味はいちごクリームをはさんだもので、つぶ餡味は文字通りつぶ餡をはさんだものです。

見た目は2種類とも同じですよ。

福重ねの賞味期限は1週間

福重ねの賞味期限は、1週間です。

直射日光と高温多湿を避けてください。

福重ねってどんなお菓子?食べた感想

柔らかくてふわふわの生地

福重ねの外側の生地は、まるでスポンジのような柔らかさで、 とてもふわふわです。

食べると意外にしっとりとしていました。

甘く香ばしい風味が口内に広がります。

生地はいちご味もつぶ餡味も同じものです。

酸味のあるいちごジャム入りクリーム

大和屋 福重ね 中身 いちご

いちご味は、中にいちごクリームが入っています。

クリームはなめらかな舌触り。甘さは控えめで酸味を感じます。

原材料表示によれば、いちごクリームの中にはいちごジャムが混ぜられていました。

いちごの風味もちゃんと感じられ、中にはいちごの粒(種)が入っています。

そのため、ときおりカリカリとした食感があり、アクセントになっていましたよ。

甘すぎない粒餡

大和屋 福重ね 中身 つぶ餡

いちごクリームにくらべて、つぶ餡はかなりたっぷりと入っていましたよ!

甘さは餡にしては控えめです。

外の生地と調和が取れた甘さだと思います。

つぶ餡の粒は柔らかめで、ときどき粒の皮のシャリシャリとした食感があります。

福重ねの購入について

福山市のJR福山駅近くにある大和屋の店舗で購入できます。

福重ねの個数・価格

福重ねの個数・価格は以下の通りです。

いちご味もつぶ餡味も価格は同じですよ。

5個入り以上は、2種類の味を好みにあわせて詰め合わせることもできます。

1個180円 (税別)
5個入1,050円 (税別)
10個入2,000円 (税別)
12個入2,360円 (税別)
15個入2,900円 (税別)
20個入3,800円 (税別)

OMIYA!で紹介している大和屋のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名大和屋 福重ね
内容量1個入り5個入り10個入り12個入り15個入り20個入り
製造者大和屋
製造者住所広島県福山市宝町6-8
原材料【いちご】鶏卵、砂糖、小麦粉、バター、乳化剤、イチゴジャム、ミルク、膨張剤、バニラ、植物性油脂、水飴、【つぶ餡】鶏卵、砂糖、小麦粉、バター、乳化剤、大納言、ミルク、膨張剤、バニラ、植物性油脂、水飴
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1週間
保存方法直射日光、高温多湿を避ける
箱の大きさ横 10cm × 奥行き 13.8cm × 高さ 8cm
名産地広島県福山
おみやげの種類ブッセ焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。