焼マシュマロ スモア

スモア外装
スモア外装スモア内装スモア中身

焼マシュマロ スモア

スモアとは、アメリカのキャンプで人気のある伝統的なお菓子。

炎で炙ったマシュマロをチョコレートとクラッカーで挟んで食べる美味しさに、子供が「Give me some more」(もっと頂戴!)とついつい言ってしまうことから、「スモア」と名付けられたようです。

なぜそのスモアが東京土産として、また空港限定で販売されているかというと、もともとは世界を飛び回るパイロットやCAが、本当に美味しいお土産を作りたいという願いから始まりました。

アメリカンスイーツや出来立てスイーツが人気な昨今に、伝統的なお菓子であるスモアをお土産にできないかと試行錯誤を繰り返し、出来上がったのがこちらのお土産です。

出来立てのようなマシュマロの食感を再現するために、こだわりつくして完成したお菓子だけあり、たまらない美味しさに感動したほど。

2018年3月16日に初めて銀座「EXITMELSA」に店舗をオープンさせましたが、羽田・成田空港メインの限定販売エリアなため、話題の東京土産になりそうですね。

食べた感想やお土産としてのポイント

全粒粉を使用したグラハム生地のタルトには、食感をさっくりと仕上げるために、クリームチーズが練りこまれています。

タルトの上に焼きチョコが敷き詰められ、さらに上にマシュマロが重なり、まるでベッドの上に羽毛布団をかぶせたかのようなふんわり具合。

マシュマロにはこんがりと焦げ目をつけて、最後にベルギー産の板チョコが乗せてありました。

もちろんそのままでも十分に美味しいのですが、さらに上をいく美味しさを楽しむなら、レンジで温めるのがおすすめ!

スモアの美味しい食べ方として、パッケージにも焼き方が説明されていますよ。

マシュマロがとろーりと溶けて、上に乗ったチョコレートも温かさでじんわりとろけてきます。

噛めばタルトのサクサク感と合わさって食感がとても豊かなものへと変化!

さらにチョコレートと交わることで甘みのアクセントが加わり、たまりません。

食べたときに幸福感を得られるお菓子ってそうないと思うのですが、これは目をつぶってじっくりとその味を堪能したい美味しさでした。

新たにオープンした銀座店では、出来立てを食べられるようなので、近所ならすぐに駆け付けたいくらい。

個包装されていて配りやすいですし、販売エリアが限られているというレア感もあるので、東京土産にぴったりですね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名焼マシュマロ スモア
内容量8個入り
製造者D&Nコンフェクショナリー株式会社
製造者住所東京都江東区辰巳1-1-12
原材料(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・ゼラチンを含む)、クッキー生地(小麦粉、マーガリン、鶏卵、ナチュラルチーズ、バラチーズ、小麦全粒粉、その他)、糖類(砂糖、転化糖)、チョコレートマーガリン小麦粉ココアバターゼラチン食用精製加工油脂食塩バニラペースト(砂糖、バニラビーンズ)、植物油脂/トレハロース、加工デンプン膨張剤乳化剤安定剤(ローカスト)香料酸化防止剤(V.E)、着色料(カロチン、黄4、二酸化チタン、黄5)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限常温45日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて28度以下で保存して下さい。
箱の大きさ横 22cm × 奥行き 19cm × 高さ 6.5cm
名産地東京都銀座
販売場所東京国際空港(羽田空港)成田国際空港
おみやげの種類マシュマロタルト
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。