八幡屋本店 秩父自慢

八幡屋本店 秩父自慢 外装
八幡屋本店 秩父自慢 外装

八幡屋本店 秩父自慢とは

八幡屋本店は、1902年(明治35年)創業の和菓子店。秩父神社前に店舗を構え、数多くの秩父の銘菓を作り続けています。

「秩父自慢」は白あんに刻んだ栗を練り合わせ、薄皮で包んで焼いたお菓子。全国菓子博覧会では会長賞を受賞した商品です。

箱入りは5個から40個入りまでありますので、用途や人数に合わせて選べますよ。

賞味期限は2週間と短く、お土産として渡す際にはご注意くださいね。

八幡屋本店 秩父自慢を食べた感想

個別に巻かれた白い紙には「秩父自慢」と書かれており、一目で秩父のお菓子ということが分かりますね。

縦の長さは2cmほどで、1口、2口で食べきってしまうコンパクトなサイズ。表面のこんがりとした焼き色が食欲をそそります。

栗あんはさらっとした上品な甘さで食べやすく、上に乗っているクルミが良いアクセントになっていますよ。

小さめなのでお茶に添えるお菓子としてもぴったりです。

一つずつ包装されていないため、開封後は早めに食べるのがよさそうだなと思いました。

八幡屋本店 秩父自慢が購入できる場所

八幡屋本店の他、秩父市内の各所で販売されていますよ。

  • 八幡屋本店
  • 西武鉄道 西武秩父駅仲見世通り
  • 秩父鉄道 秩父駅じばさんセンター物産館
  • 道の駅ちちぶ
  • 矢尾百貨店
  • ヤオコー上野町店
  • セブンイレブン小鹿野バイパス店
  • 八幡屋本店 オンラインショップ

OMIYA!で紹介している八幡屋本店のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名八幡屋本店 秩父自慢
製造者有限会社八幡屋本店
製造者住所埼玉県秩父市番場町8-18
原材料小麦粉砂糖大手亡水飴くるみ膨張剤液糖卵黄、栗(クチナシ色素)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法高温、多湿を避け常温にて保存
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 17.5cm × 高さ 3.7cm
名産地埼玉県秩父
販売場所秩父駅ちちぶ
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。