笑来美餅(わらびもち)黒豆きな粉

笑来美餅について

創業明治元年、芭蕉堂さんの「笑来美餅」。

関西では人気の和菓子の1つである「わらびもち」は、きな粉をまぶして食べるスタイルが一般的ですが、関東・東北と北へ向かうほど黒蜜をかけて食べる人も多いようです。

わらびもちの名称は、山菜のわらびの根っこを原材料とするところからきています。本わらび粉は和菓子の材料の中でも高価なものの一つで、一般的にわらびもちの名称のお菓子は、サツマイモや、タピオカなどの代替澱粉質を用いているものが多いです。

わらびもちは半透明なので、見た目も涼しげで、寒天、ゼリーと並んで夏を代表するお菓子です。良く冷やして、まぶしたてのきな粉で食べると、お口の中でぷるんとし、香ばしいきな粉の香りが口の中いっぱいに広がります。

芭蕉堂さんは、国内では梅田、天保山、天神橋に店舗があり、海外にも香港、中国に店舗を構えています。

インターネットでも購入可能。
お買い上げ3,500円以上は送料無料です。

笑来美餅を食べた感想

芭蕉堂さんの笑来美餅は、創業明治元年の伝統の製法を継承し、直火式の釜でたき上げて作っています。

口当たりはやわらかいけれど、コシがあってほのかな甘味。好きな大きさに切り、丹波産黒豆きな粉をまぶして頂きます。あっさりとしたお味でおいしいです。

冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいですが、召し上がる前に笑来美餅を冷凍庫に1時間ほど入れてみてください。笑来美餅がかすかに凍り始め、不思議な食感になって更においしくなります。是非お試しあれ!

袋に入っている「しおり」には、できたての味にするための方法も記載されています。一度温めたあとすぐに氷水で冷やすと良いらしいですよ。

生菓子ですが、何故か開封前の賞味期限が長いでの、自分の好きなタイミングで食べれるのもうれしいポイントです。

マイナス点は、わらびもちを袋から出すのがとても難しかったことです。また、わらびもちの袋も、きな粉の袋も「開け口」と書いてあるにもかかわらず、手では開けられませんでした。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名笑来美餅(わらびもち)黒豆きな粉
内容量100g以内101〜200g
製造者株式会社 芭蕉堂
製造者住所大阪府福島区野田3-9-14
原材料砂糖麦芽糖トレハロース澱粉加工澱粉本わらび粉、丹波種黒大豆きなこ(国内産)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約4ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿をお避けください
箱の大きさ横 13.5cm × 奥行き 15.0cm × 高さ 2.5cm
名産地大阪府
販売場所JR大阪駅
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。