わかさいも

評価★★★★★4.4
クチコミ8
わかさいも 外装
わかさいも 外装わかさいも 開封した写真わかさいも 中身の写真
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名わかさいも
内容量6個入り9個入り10個入り12個入り15個入り20個入り
製造者株式会社 わかさいも本舗
製造者住所北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉108
原材料小麦粉、砂糖、食塩、鶏卵、昆布、手亡豆、大福豆、醤油(大豆由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造から18日間
保存方法高温多湿での保存は避け、冷暗所にて保存してください
箱の大きさ横 11cm × 奥行き 13.7cm × 高さ 4cm
名産地北海道洞爺湖
販売場所旭川空港新千歳空港函館空港釧路空港帯広空港丘珠空港JR函館駅JR釧路駅JR南千歳駅JR札幌駅JR新札幌駅岩見沢SA金山PA砂川SA有珠山SA望羊中山函館山北海道くらし百貨店サッポロファクトリー苫小牧西港フェリーターミナルウポポイ
おみやげの種類生菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

わかさいもとは?

北海道みやげの定番のひとつ・わかさいもは、洞爺湖にあるわかさいも本舗でつくられています。

大正12年の創業以来、長く愛されてきたロングセラー商品です。
材料のほとんどが北海道産であり、豊かな大地の恵みが味わえます。

わかさいもという名前ですがさつまいもは使用しておらず、その正体は最高品質の大福豆(おおふくまめ)でつくられた白餡。

芋らしい薄皮に仕上げ、道南産の金糸昆布(きんしこんぶ)をさつまいもの筋に見立てています。

皮の表面には卵醤油を塗って、こんがりと焼けた芋を表現。和菓子に醤油を塗ったのは、全国でも初めての試みでした。

醤油と昆布の味わいが効いている、こだわりがたっぷりの和菓子です。

わかさいもを食べた感想

ひとつひとつ、袋にくるまれた小ぶりなわかさいも。
卵醤油を吹きかけていることでほどよい焼きムラがあり、見た目にも食欲をそそられます。

封をひらくと、醤油のいい香りがします。
皮はとても薄く、中にはほくほくの白あんがたっぷりと詰まっていました。

ただ甘いだけではなく、醤油の塩気がはっきりと感じられます。
また、餡に練り込まれている昆布のうまみも効いていますね。

むっちり・しっとりとした食感で、甘すぎず食べやすい餡。
醤油の効いた和風味は、年配の方にも受けが良さそうです。

わかさいもの種類と値段

  • 6個入り:648円
  • 9個入り:972円
  • 10個入り:1,080円
  • 12個入り:1,296円
  • 15個入り:1,620円
  • 20個入り:2,160円

わかさいもが買える場所

わかさいも本舗は、北海道内に12店舗を展開しており、オンラインショップもあります。
ほかにも新千歳空港・旭川空港・釧路空港・函館空港・札幌駅・函館駅など、主要なおみやげ屋さんで広く取り扱っているので、見つけやすいです。

ネット通販では楽天市場でも販売されていますよ。

わかさいも本舗
¥1,350 (2021/03/09 22:15時点 | Amazon調べ)

わかさいもの開封動画はこちら