和風さぶれ あん小町

和風さぶれ あん小町 外装
和風さぶれ あん小町 外装和風さぶれ あん小町 開封した写真

和風さぶれ あん小町とは

「和風さぶれ あん小町」は、バターを使ったサブレ生地でこしあんを包んで焼き上げた、和洋折衷のお菓子です。

”さぶれ”と名前が付いていますが、洋菓子のサブレのように固いものではなく、しっとり柔らかい食感が特徴。

作っているのは「十万石まんじゅう」で有名な埼玉の菓子店、十万石ふくさやです。

「うまい、うますぎる!」のキャッチフレーズが埼玉県民にはお馴染みですね。

小豆一粒、米一粒にこだわる十万石のお菓子作り。この「あん小町」に使われているこしあんは、北海道十勝産小豆を使用しているんだそう。

バラで1枚から購入でき、箱入りは6枚、10枚、16枚入りが用意されています。

黄色と水色のポップな色使いが目を引く箱には、和柄の麻の葉模様が描かれ、和洋折衷のお菓子にふさわしい粋なパッケージ。華やかで贈り物にピッタリですよ。

保存料が入っておらず、賞味期限は6日程度と焼き菓子にしてはやや短め。手みやげにする際は、なるべく渡す直前に購入するのがおすすめです。

和風さぶれ あん小町を食べてみた感想

袋を開けると、中身は透明なプラトレイの上にのせられていました。柔らかいので割れないように配慮されているんですね。

持った感じはしっとり、ふにゃっとしています。口当たりも柔らかいのですが、やや弾力のある噛みごたえ。

サブレ生地・こしあん・サブレ生地と3層になっていて、とても繊細なつくり。サブレ生地は薄く、こしあんはわりとしっかり入っています。

生地のこっくりとした甘さの中に小豆の風味が感じられ、全体としては和風の味わい。時折バターの風味が鼻を抜けると洋の香りもします。和と洋の絶妙なコラボレーション、これはおいしい!

真ん中にトッピングされた黒胡麻の香ばしさが、いいアクセントになっています。日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶にも合いそうですよ。

柔らかいのでお子さまからお年寄りまで食べやすく、贈り先を選ばないお菓子ですね。

十万石に行くととりあえずおまんじゅうを買っていた私ですが、次はこの「あん小町」を手みやげにしてみたいなと思いました。

十万石のおすすめ商品については、十万石インタビューの記事も参考にしてみてくださいね。

和風さぶれ あん小町を購入できる場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名和風さぶれ あん小町
内容量1個入り6個入り10個入り16個入り
製造者株式会社 十万石ふくさや
製造者住所埼玉県行田市長野2-27-28
原材料砂糖小麦粉小豆水飴、乳等を主要原料とする食品(乳脂肪、植物油脂)、バター蜂蜜麦芽糖黒胡麻膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2017年10月14日、賞味期限日2017年10月20日
保存方法直射日光、高温多湿を避け、涼所にて保存してください。
箱の大きさ横 24.5cm × 奥行き 17.4cm × 高さ 3.9cm
名産地埼玉県
販売場所熊谷駅そごう大宮店八木橋
おみやげの種類サブレ和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。