ウロコダンゴ

評価★★★★★3.2
クチコミ5
ウロコダンゴ 外観
ウロコダンゴ 外観ウロコダンゴ 開封ウロコダンゴ 中身

ウロコダンゴについて

ウロコダンゴは北海道深川市の深川駅にほど近い「ウロコダンゴ本舗」で販売されているお菓子です。

ウロコダンゴは蒸し団子の一種で、国鉄留萌本線開通記念として作られた100年以上続く歴史のある和菓子なんですよ。

ダンゴというと丸い形を連想しますが、ウロコダンゴは三角形の辺がギザギザした形をしています。

当初は「椿団子」という名前でしたが、当時の駅長が椿修三氏という方で、駅で自分の苗字の団子が大声で売り出されるのに違和感があったそうですよ。

そこで椿駅長が貨物列車がニシンでウロコだらけなのと、ダンゴの三角形の形がウロコに似ていることから、ウロコダンゴに改名したそうです。

ウロコダンゴの材料はもち米に小麦粉、砂糖、寒天のみのため添加物が入っておらず、日持ちはしません。

すぐに食べてもらえる人に向けたお土産におすすめですよ。

ウロコダンゴを開封するまで

ウロコダンゴのパッケージングは緑とオレンジ色グラデーションになっていて、ひと目でわかりますね。

箱を開けると真空パックで包装されています。

ウロコダンゴ 真空パックを開けたところ

手で開けやすいようになってはいないので、ハサミかカッターで切って開けましょう。

開けると、米粉のふんわりした匂いが漂います。

見えにくいですが、小さいフォークもひとつ付いていますよ。

ウロコダンゴ 開封

味は白色(プレーン)4個・茶色(あんこ)2個・緑色(抹茶)2個が入っています。

ウロコダンゴを食べた感想

大きさは、ひと口かふた口で食べられそうなサイズ感。

こういうときはまず、ベーシックなプレーンの白色から食べてみたくなりますね。

ウロコダンゴは食べる前に2〜3時間冷蔵庫で冷やす方法と、食べる前に焼く方法の2通りがおすすめだと書いてありました。

ウロコダンゴのおすすめ 食べ方

おすすめ2通りそれぞれ試してみることに。

まずは冷やして食べた、3種類のそれぞれ味を紹介します。

白色

やさしい甘さで柔らかくてもっちりした食感がクセになりそう。

ういろうににているのですが、ういろうよりも歯切れが良いように感じますね。

ウロコダンゴは初めて食べるのですが、「なつかしい味」がします。

ウロコダンゴ 白色

茶色(あんこ)

茶色のウロコダンゴは、あんが練りこまれていますよ。

食べてみると、あんこは風味がある程度です。

白色と同じく、もちもちとした食感とやさしい甘さですよ。

冷やすと、常温で食べたときよりも甘さは控えめになるような感じがしました。

ウロコダンゴ 茶色

緑色(抹茶)

緑色のウロコダンゴは抹茶味です。

こちらも、ほんのりと抹茶の味がしました。

抹茶の苦みなどはなく、風味程度です。

やさしい甘さと上手く共存している感じが好きですね。

ウロコダンゴ 抹茶

トースターで焼いてみました

トースターで、表面がカリカリになるまで焼いてみました。

ウロコダンゴ トースターで焼いたところ

焼くと、表面がカリッとして中身はふわふわのままです。

ウロコダンゴ トースターで焼いたところ 抹茶

焼くことで甘さが増したように感じますね。

個人的には、表面をカリカリにして食べるほうが気に入りました!

熱々のうちに3つ食べて大満足です。

ウロコダンゴのカロリーと栄養成分について

箱の裏側に100g当たりのカロリーが記載されてました。

ウロコダンゴ 栄養成分

ウロコダンゴの栄養成分表示100gあたり
エネルギー 240kcal
たんぱく質 3.5g
脂質 0.5g
炭水化物 55.3g
食塩相当量 0.01g

ひとつあたりが約30gなので、カロリーを計算すると72kcalになります。

食べやすいのでつい食べ過ぎてしまいそうになるので、カロリーには注意したいですね。

ウロコダンゴの個数と値段について

ウロコダンゴは、生タイプと真空タイプがあります。

生タイプのものは、ウロコダンゴ本舗に行かないと手に入りません。

ウロコダンゴ本舗以外のお土産屋さんなどでは、真空パックタイプが売られていますよ。

ウロコダンゴの個数と値段は、以下のとおりです。

  • 真空タイプ(10個入り):750円
  • 生タイプ(3個入り):220円
  • 生タイプ(9個入り):680円
  • 生タイプ(18個入り):1,360円

生タイプの3個入りはウロコダンゴ本舗で、事前注文のみで手に入りますよ。

直接店舗に行っても3個入りは購入できないので注意してくださいね。

賞味期限は真空パックタイプは10日間で、開封してからは2日間以内になります。
生タイプは賞味期限が2日ですよ。

添加物を使用していないで、賞味期限は短めになります。

ウロコダンゴの販売店舗

ウロコダンゴは、北海道内のいくつかの場所で購入することができますよ。

深川市に立ち寄ることがあれば、ウロコダンゴ本舗の出来たてを食べてみるもの良いですね。

ウロコダンゴ本舗
〒074-0005 北海道深川市5条8-5
営業時間 8:00〜18:00
定休日 無休

ウロコダンゴ本舗は札幌から遠く、気軽に行ける場所にはないのですが、北海道内や東京で購入できる場所もいくつかありますよ。

  • 深川駅
  • 道の駅ライスランドふかがわ
  • 砂川SA
  • 旭川駅
  • 丸井今井札幌本店:きたキッチン
  • カテプリ内:きたキッチン新さっぽろ店
  • JR札幌駅北口:北海道どさんこプラザ
  • 東京有楽町:北海道どさんこプラザ

ウロコダンゴは公式、Amazonや楽天で通販はしていません。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ウロコダンゴ
内容量10個入り
製造者株式会社高橋商事
製造者住所北海道深川市5条8番5号
原材料米粉(国産),小麦粉,砂糖,生あん,抹茶,寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日(真空パック),2日(生タイプ)
保存方法直射日光や高温多湿な場所を避けて保存してください
箱の大きさ横 19cm × 奥行き 2.5cm × 高さ 24.5cm
名産地北海道深川
販売場所JR旭川駅JR札幌駅砂川SAライスランドふかがわ丸井今井札幌本店
おみやげの種類ういろう和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内