鶴屋吉信 桜餅

鶴屋吉信 桜餅 外装
鶴屋吉信 桜餅 外装鶴屋吉信 桜餅 開封した写真鶴屋吉信 桜餅 中身の写真

鶴屋吉信 桜餅とは?

江戸時代・享和三年(1803)に京都で創業した鶴屋吉信が手がける桜餅です。

桜餅は道明寺でこし餡を包み込んだ関西風の桜餅。

「鶴屋吉信 桜餅」は一般的な桜餅と比べると少し小ぶり。

桜葉の隙間から淡い桜色のお餅が顔を覗かせる様子はなんともかわいいですね。

京都の和菓子屋さんが手がける桜餅だけあって、とても控えめで上品な味わいなんです。

  • ほどよい塩加減の桜葉
  • なめらかなこし餡
  • 淡い桜色が美しく、素朴な味わいの道明寺

販売期間は2月上旬頃〜4月上旬頃まで。

生菓子のためインターネットでの販売は行っておらず、店頭でのみの販売です。

私が購入したお店では1個のバラ売りの他、4個入りが用意されていました。

もちろん、この他にも希望すれば好きな数だけ詰めていただけますよ。

  • 1個:270円
  • 4個入り:1,080円

鶴屋吉信 桜餅を食べた感想

「鶴屋吉信 桜餅」は潰れないよう1つずつ小さな容器に入っています。

透明な蓋を開けるとふわっと香る桜の香り。桜餅はこの素晴らしい香りを楽しむことから始まります。

桜餅は一般的なものと比べて少し小ぶり。
大きな桜葉からは、ほんの少しだけ桜色のお餅が顔をのぞかせています。

もちもちの道明寺は艶があってとてもおいしそう。

「鶴屋吉信 桜餅」はとてもやさしい味の桜餅。ほのかな桜の優しい香りと、さっぱりとした控えめな甘さです。

特に餡を包んでいる道明寺はとてもあっさりとしています。甘さもかなり控えめで繊細な味わい。

ほどよい塩加減の桜葉とこし餡の相性もいいですよ。桜葉の塩気がこし餡の甘味を引き立ててくれています。

きめ細かなこし餡の舌触りもとても上品。
繊細な春のお菓子です。

鶴屋吉信 桜餅が買える場所

鶴屋吉信 桜餅は、鶴屋吉信の各店舗で購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名鶴屋吉信 桜餅
内容量1個入り4個入り
製造者株式会社 鶴屋吉信
製造者住所京都市上京区今出川堀川西船橋町340
原材料生あん(小豆)砂糖道明寺粉、桜葉塩漬(桜葉、食塩)、カルミン酸色素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 6.0cm × 奥行き 6.1cm × 高さ 4.4cm
名産地京都府
販売場所京都駅大丸芦屋店大丸神戸店大丸京都店大丸梅田店大丸山科店福屋八丁堀本店川西阪急阪急うめだ本店阪神梅田本店ジェイアール京都伊勢丹岩田屋本店井筒屋小倉店京阪百貨店ひらかた店京阪百貨店くずはモール店京阪百貨店京橋店京阪百貨店守口店あべのハルカス近鉄本店近鉄百貨店生駒店近鉄百貨店奈良店近鉄百貨店上本町店松坂屋名古屋店山陽百貨店西武高槻店そごう広島店そごう神戸店いよてつ高島屋髙島屋京都店ジェイアール名古屋タカシマヤ髙島屋岡山店高島屋大阪店髙島屋洛西店髙島屋堺店天満屋岡山店鶴屋百貨店清水寺
おみやげの種類
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。