菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)外装
菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)外装菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)開封後菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)中身

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)とは

「つじやの三杯もち」といえば、秋田県大仙市大曲の名物菓子。

赤あん・白あん・ごまあんの3種類があり、大正5年のつじやの創業時から、変わらない製法と味を守り続けています。

通常は丸い棹タイプですが、今回紹介するのは食べやすい一口サイズタイプですよ。

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)を食べてみた感想

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)中身

秋田県北出身のわたしにとって、県南のお菓子はあまり馴染みがありません。
三杯もちは名前だけは聞いたことがありましたが、今回初めて食べました。

お菓子は6cm×3.5cmの長方形で、個包装になっています。
“もち”というわりには手に持っても固いな、とはじめは思いました。

噛んでみると、なんとも不思議な食感におどろきます。
“餅と羊かんの中間”と説明書きにありましたが、まさにその表現がぴったり。

餅のようなのび・弾力は少ないものの、羊かんよりはむっちりとした、ほかにはない歯ごたえです。
食感だけでたとえるなら、ソフトキャンディーにも似ているかもしれません。

噛めば噛むほど、小豆の味をしっかりと感じます。
舌ざわりがとてもなめらかで、甘さが控えめなので、あっさりと食べられますね。

一度食べたらやみつきになるという気持ちがわかります。
お茶請けにもぴったりのお菓子ですよ。

三杯もちの賞味期限

三杯もちの賞味期限は、製造日から2週間。

常温で保存できますが、保存料や合成添加物を使用していないため、できるだけ早めに食べきるようにしてください。

三杯もちのおいしい食べ方

三杯もちは、日にちが経つと徐々に固くなっていきます。

その場合、電子レンジで温めるか、フライパンで表面に焦げ目がつく程度に焼くと柔らかさがもどり、おいしく食べられますよ。

三杯もちの歴史と名前の由来

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)開封後

大曲・仙北地方には、「みそ」「花みそ」と呼ばれる郷土菓子があります。

江戸時代の天保の凶作の際に食べられた、わらびの根で作った「ネバナ餅」「ネバナみそ」が起源で、その後お米主体で作られるようになったのだそう。

この地域では「みそ」は「餅」と同じ意味で使われており、「みそ」「花みそ」は砂糖醤油のみたらし風の味付けでした。

計量器がなかった当時町で売られていたのが、米粉・麦粉・白玉粉を茶碗で1杯ずつ合わせた「さんばいみそ」というお菓子。

つじやの三代目がこの「さんばいみそ」をベースに、小豆あんのおいしさを餅のような食感で味わえる「三杯もち」を作り出しました。

三杯もちの特徴

三杯もちの最大の特徴は、餅と羊かんの中間のような、独特の食感です。
また、一般的な餅製品とくらべてあんの割合を多くし、あんのおいしさを引き立てているのがこだわり。

もち米・小麦粉・あんを秘伝の配合で練り上げ、何度も蒸し、種を仕上げます。
さらに一日置いてから練り、仕上げの蒸しをしてと、仕込みから完成まで3日かかる手間ひまをかけたお菓子です。

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)の値段

つじやの店頭では、バラで1個から購入が可能。
通販の場合は12個入りからの販売となります。

くわしい値段は以下のとおりです。

  • 単品:120円
  • 8個入り:1,037円
  • 12個入り:1,600円
  • 15個入り:2,000円
  • 18個入り:2,400円

菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)が買える場所や通販について

つじやの三杯もち 一口サイズ(赤あん)は、つじや 中通本店やJR大曲駅で購入できます。

通販の場合、つじやのホームページからお取り寄せができますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名菓子司つじや 三杯もち 一口サイズ(赤あん)
内容量8個入り12個入り15個入り18個入り
製造者(株)つじや
製造者住所秋田県大仙市大曲中通町1-20
原材料小豆米粉(国産)砂糖小麦粉食塩
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法高温多湿・直射日光を避けお早目にお召し上がり下さい。
箱の大きさ横 7.5cm × 奥行き 12.5cm × 高さ 4cm
名産地秋田県大曲
販売場所大曲駅
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。