つちや本舗 さかさ銀杏

つちや本舗 さかさ銀杏外装
つちや本舗 さかさ銀杏外装つちや本舗 さかさ銀杏開封後つちや本舗 さかさ銀杏中身

つちや本舗 さかさ銀杏とは

さかさ銀杏(いちょう)は岩手県宮古市にある、昭和8年創業の御菓子司 つちや本舗が販売するお菓子。
イチョウを型どったバター入りの生地に、くるみ餡を入れて焼き上げています。

「さかさ銀杏」は宮古市の天然記念物で、横山八幡宮のふもとに現存する大樹。
これにはこんな伝説があります。

今から千年以上も前、横山八幡宮の神官がある日不思議なお告げを受け、四国までおもむき荒れた阿波の鳴門をしずめました。
するとその功績により、朝廷から”都”と同じ呼び方の”宮古”の名をもらい、この地一帯が宮古と呼ばれるようになったのだそう。

また、神官が道すがら杖にしていた銀杏の木を地面にさしたところ、やがて大きく成長して「さかさ銀杏」と呼ばれるようになったのだとか。

単品129円、12個入り1,500円(税込)で、道の駅みやこで購入できますよ。

つちや本舗 さかさ銀杏を食べてみて

パッケージにも個包装にも銀杏があしらわれていて、風流な雰囲気。
お菓子は直径5.5cmほどで、表面にも銀杏の模様入りですが、やや薄めです。

バターの香りゆたかな生地の中には、やや茶色がかったくるみ入りの白あんが入っています。
ホクホクとしたあんと、くるみのカリっとした食感のバランスがいいですね。

バターと白あんという、和洋折衷の組み合わせが楽しめるおみやげです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名つちや本舗 さかさ銀杏
内容量12個入り
製造者つちや本舗
製造者住所岩手県宮古市黒田町7-17
原材料白あん小麦粉砂糖鶏卵バターショートニング水あめくるみ膨張剤、(原材料の一部に小麦、卵、乳成分、大豆、くるみを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日間
保存方法直射日光を避けて常温で保存してください。
箱の大きさ横 21cm × 奥行き 27cm × 高さ 5cm
名産地岩手県
販売場所みやこ
おみやげの種類和半生菓子饅頭和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。