トラピストクッキー

評価★★★★★4.5
クチコミ4
トラピストクッキー外装
トラピストクッキー外装トラピストクッキー開封後トラピストクッキー中身

トラピストクッキーとは

トラピストクッキーは、函館にあるトラピスト修道院で作られているバター味のお菓子です。

トラピスト修道院は、1896年にフランスから来日した修道士によって創立されました。
ここで作られる乳製品は函館みやげの定番として有名で、ほかにもバター飴やトラピストバターなどさまざまなバリエーションがあります。

トラピストクッキーは昭和11年に製造がはじまりました。
独自の製法による発酵バター・トラピストバターを練り込んであり、まろやかでコクのある風味が特徴です。

トラピスト修道院の直売店のほか、主要な空港・駅・フェリー乗り場売店など、北海道内で広く購入できますよ。

トラピストクッキーを食べてみて

こちらは12袋入りのミニタイプですが、トラピスト修道院がパッケージに描かれた箱タイプのほうが有名かもしれませんね。

個人的にバター飴は食べたことがありましたが、トラピストクッキーは初めて。
個包装やクッキー表面のレトロなデザインが雰囲気満点です。

クッキーというよりビスケットに近い、すこし硬めの歯ごたえ。
バター飴と同じ、濃厚なバターの風味が感じられました。

甘さよりもバターの風味が前面に出ているものの、決してしつこさはありません。
1袋に3枚ずつ入っていますが、軽やかな食感であっという間に食べきってしまいました。

子どもから大人まで、幅広い年代におすすめできるおみやげですね。

トラピストクッキーの開封動画はこちら

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名トラピストクッキー
内容量8個入り12個入り24個入り36個入り
製造者トラピスト修道院製酪工場
製造者住所北海道北斗市三ツ石392
原材料小麦粉砂糖バターコーンスターチブドウ糖バニラビーンズ膨張剤、(原材料の一部に小麦・乳成分を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限180日間
保存方法直射日光・高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 7.5cm × 奥行き 25cm × 高さ 4.5cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港函館空港新函館北斗駅JR函館駅JR札幌駅棒二森屋店丸井今井函館店五稜郭タワー函館山金森赤レンガ倉庫
おみやげの種類クッキー
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。