富山セントラム羊羹

富山セントラム羊羹

慶応2年(1866年)。

鈴木亭は、江戸菓子の伝統が140年以上受け継がれる和菓子屋で、創業から受け継がれる『杢目羊羹(もくめようかん)』は、初代「茂助」が開業当時に試行錯誤を繰り返し、創り出した羊羹です。

立山の深山幽谷に林立する立山杉の木目模様を羊羹に取り込めないかと考え、作られた製法は約145年にわたって受け継がれ、それは秘中の秘。

製法特許を取得した全国で唯一の羊羹です。

食べた感想やお土産としてのポイント

まずこちらの羊羹はパッケージのこだわりがとてもあります。

富山市内電車環状線の900系電車「セントラム」をイメージした箱に入れられていて、電車好きにはきっとたまらないデザインのはず。

お土産としてもらった相手もきっとその「面白味」にまず惹かれますよ。

また、味は伝統菓子というだけあり、パッケージの面白味からは想像のつかない、とても上品で手の込んだ味となっていて、見た目だけではないことが証明されます。

食べきりサイズで、1箱には、胡麻羊羹・杢目羊羹・黒砂糖羊羹が各1本づつ入っているので、次に食べる味が楽しみになります。

一緒に梱包されている、富山市中心マップを見ながら、富山旅行の振り返りをしたり、また富山旅行に行った気分も味わえますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名富山セントラム羊羹
内容量3個入り
製造者鈴木亭
製造者住所富山市西町6-3
原材料砂糖水飴黒砂糖寒天小豆白隠元豆黒胡麻
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約4ヵ月
保存方法常温密封保存
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 15cm × 高さ 3.8cm
名産地富山県
販売場所富山駅
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。