鳩サブレー

評価★★★★★4
クチコミ5
鳩サブレー 外装
鳩サブレー 外装鳩サブレー 開封後鳩サブレー 中身

鳩サブレーとは

鳩サブレーといえば、鎌倉みやげの代名詞ともいえるお菓子。

明治27年(1894年)創業の老舗和菓子店、豊島屋(としまや)が製造・販売しています。

その名の通り鳩の形をしたかわいらしいサブレは、バターがふんだんに使われ、香りがよく優しい味わいですよ。

鳩サブレーの歴史

鳩サブレーの生まれは、豊島屋が創業して間もない明治30年頃にさかのぼります。

初代当主が外国人のお客さんからもらった“大きなビスケット”、その味に感銘を受け、再現しようと試みたのがはじまりです。

当時の日本は、バターというものにまだ馴染みがなかった時代。

ビスケットにバターが使われていることを知るまでに、また、試作でちょうどよいバターの配合を決めるまでに、大変苦労をしたんだそう。

鳩の形は、豊島屋の本店からほど近い鶴岡八幡宮に由来しています。

鶴岡八幡宮 本殿の「八」の文字が鳩の形をしており、境内にたくさんいる鳩が子供達に親しまれているところから、あの形が生まれたんだとか。

鳩サブレーの歴史について詳しくは、豊島屋公式サイトのこちらのページに書かれていますよ。

“ハイカラ”な味わいは今も変わらず受け継がれ、神奈川を代表する銘菓となっています。

鳩サブレーの手提げ袋は、黄色とピンクの2種類

今回購入したのは、5枚入りの手提げタイプ。
定番の黄色いパッケージのほか、ピンク色のものも販売されていました。

鳩サブレー 黄色手提げ

鳩サブレー ピンク手提げ

ほかに箱入りや缶入り、袋入りも販売されています。
箱や缶は、黄色に白い鳩が描かれた定番のデザインですよ。

鳩サブレーを食べてみた感想

鳩サブレー 中身

丸みを帯びた愛らしい鳩の形、こんがりときれいな焼き色。

子どものころから慣れ親しんだお菓子ですが、やはり目にするたびに心が躍ります。

袋をあけると、バターの芳ばしい香りが広がりますよ。

頭としっぽ、どちらから食べようか?といつも迷います。頭はかわいそうな気がして、しっぽからいただくことが多いですね。

サクッと軽やかな歯ざわり。口に入れるとホロリほどけていき、優しい甘さで幸せな気分に。

噛んでいると卵のまろやかな風味もじんわりと感じられます。

厚みがあるので、1枚で食べごたえがありますよ。

飽きのこない素朴な味わいは、コーヒー・紅茶・日本茶・ミルクなど何にでも合わせやすいお茶菓子の万能選手。

鎌倉みやげとしてはもちろん、自宅に常備しておけば来客時のお茶請けとしても便利です。

材料がシンプルなので、子どもからお年寄りまで安心していただけますね。

鳩サブレーの思い出

私が小さいころ、祖父母の家に遊びに行くときまって、大きな黄色い缶から鳩サブレーを出してくれました。

いつもいつも缶から鳩サブレーが出てくるものだから、鳩サブレーが湧き出てくる魔法の缶なのでは?と思っていたほど。

祖父母の家は群馬なのですが、孫が喜ぶと思ってわざわざ買っておいてくれたのでしょう。

実際私も、おやつの鳩サブレーを楽しみに遊びに行っていたものです。

そんな個人的にも思い出深いお菓子「鳩サブレー」。定番の鎌倉みやげとして、ぜひおすすめしたい一品です。

鳩サブレーのカロリー

鳩サブレー1枚あたりのカロリーは、133kcalです。

おいしくてついつい何枚も食べてしまいがちですが、カロリーを気にしているのであれば、食べ過ぎには気をつけてくださいね。

鳩サブレーを購入できる場所・通販について

豊島屋の店舗一覧

鳩サブレーは、豊島屋の各店舗で購入できます。店舗は以下の通りです。
鎌倉だけでなく、羽田空港内や、東京駅近くの大丸で買えるのも見逃せないところです。

直営店

  • 本店(鎌倉市小町2-11-19)
  • 扉店(鎌倉市小町1-6-20)
  • 梶原店(鎌倉市梶原4-1-1)
  • 長谷大仏前店(鎌倉市長谷3-1-6)
  • 北鎌倉駅前店(鎌倉市山ノ内510-5)
  • 逗子店(逗子市逗子1-2-7)

百貨店内等の店舗

【神奈川県】

【東京都】

店舗の詳しい情報は、豊島屋公式サイトでも確認できますよ。

店舗により取り扱っているパッケージが異なりますのでご注意ください。
(銀座三越店では、ピンクの手提げ入りの取扱いはなく、定番の黄色のみの販売です。)

鳩サブレーは通販ができます

箱入りや缶入りは、豊島屋公式オンラインショップからお取り寄せができます。

また「高島屋 楽天市場店」「さいか屋 楽天市場店」など、百貨店のオンラインショップでも取り扱っていますよ。

鳩サブレーの個数・値段

鳩サブレーは何枚から買えるのか、また値段はいくらなのかが気になるところですよね。
お店によって置いてある個数は異なりますが、以下のものがありますよ。

  • 5枚入り手提げ…648円(税込)
  • 7枚入箱…864円(税込)
  • 9枚入箱…1,080円(税込)
  • 10枚入袋…1,080円(税込)
  • 18枚入缶…2,160円(税込)
  • 28枚入缶…3,240円(税込)
  • 38枚入缶…4,320円(税込)
  • 48枚入缶…5,400円(税込)

鳩サブレーの本店限定商品について

鳩サブレー外装

鳩サブレーには、豊島屋本店のみで買える限定パッケージが存在します。

家族連れや修学旅行生などの観光客(観光鳩?)が本店でお買い物を楽しむ様子が描かれており、とてもかわいらしいパッケージですよ。

OMIYA!では本店限定パッケージについても記事にしていますので、あわせてチェックしてみてください。

豊島屋本店では鳩サブレーの限定パッケージのほかに、鳩サブレーの形をした手鏡や消しゴム、マグネットなどのキュートな雑貨を販売しています。

本店でしか買えないレアなアイテムですので、鎌倉へ行かれた際は鳩サブレーといっしょにおみやげにするのもおすすめです!

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名鳩サブレー
内容量5個入り7個入り9個入り10個入り18個入り28個入り38個入り48個入り
販売者株式会社 豊島屋 01
販売者住所神奈川県鎌倉市小町2-11-19
原材料小麦粉砂糖バター鶏卵膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より常温で40日間
保存方法直射日光、高温多湿を避け、常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 22cm × 奥行き 7.5cm × 高さ 18cm
名産地神奈川県鎌倉
販売場所東京国際空港(羽田空港)品川駅大丸東京店伊勢丹新宿本店京急百貨店銀座三越日本橋三越本店小田急百貨店藤沢店小田急百貨店町田店小田急百貨店新宿店さいか屋藤沢店さいか屋横須賀店西武池袋本店そごう横浜店髙島屋港南台店髙島屋日本橋店高島屋新宿店髙島屋玉川店髙島屋横浜店東急百貨店たまプラーザ店東急百貨店東横店鎌倉駅周辺・小町通り
おみやげの種類サブレ
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。

鳩サブレーのクチコミ(5件)

鎌倉を訪れると小町通りで鳩サブレーを買うのが定番になっています。

夫の祖母は鎌倉に住んでいたのでお土産というと鳩サブレーだったそうです。
おばあちゃんと鳩サブレーの組み合わせ、昭和な感じがいいですよね。

本店の真っ白でレトロお店が素敵でつい立ち寄ってしまいます。

ここで見る鳩サブレーは東京駅などで見かけるよりも可愛く見えるから不思議です。
小さいときは何も感じませんでしたが今改めて見ると鳩のイラストも洗練されていて素敵ですよね。

一枚が大きくて食べ応えがありますし、バターが効いた優しい味がコーヒーを口に入れるとほろっと溶けるのがたまりません。

日持ちもしますし可愛らしいので相手を選ばずお土産にできます。

評価★★★★★

子供の頃におばあちゃん家に行くと、缶に入ったたくさんの鳩サブレが置いてあって、それを貰って食べて以来大好きなお菓子です。

鳩を模した可愛いビジュアル、封を開けるとふんわりと広がるバターの香り、サクッとした食感と懐かしくも飽きない美味しさは世代を超えて愛される日本の誇り高きお菓子です。

シンプルで知名度の高いお菓子だけに、逆にお土産としてもらう機会も意外とないので、レトロなお菓子としてあえてお土産にチョイスするのも良いと思います。

レオ/30代/男性
評価★★★★★

鳩サブレーと言えば、定番中の定番ですが、本当に本格的なバターサブレとして一流の味です。
少し厚めのサブレも食べごたえがあり、嬉しいです。
最近よくある薄いラング・ド・シャとは又違い、軽い感じとで、バターの風味がずっしりあります。
一枚が大きいため、食べた後は幸せな満足感にひたれます。

昔からある定番のお土産ですが、やはり定番は裏切りません。
バターサブレ好きの私には大好きなお土産です。
最近は、5枚パックとか少なめでも販売されていて、買いやすいのもいいですね。

ブルーダイアリー/40代/女性
評価★★★★★

鎌倉の祖母の家へ遊びに行った時にその時に付き合っていた彼のご実家のお土産として購入しました。
私自身小さい頃からたくさん食べてきましたし、もらう相手もきっと食べたことがあると思います。関東出身ならば知らない人はあまりいない程定番なお土産です。

サブレーですがお茶菓子にとても良いし、コーヒーや紅茶にも合うのでシーンを選ばず食べてもらえること。形が可愛いのでお子様にも喜んでもらえること。

意外性はありませんが、確実に美味しいものをあげたいと思った時にこの鳩サブレーはぴったりだと思い選びました。

うめこ/30代/女性
評価★★★★★

鎌倉土産の定番といえば鳩サブレーです。鎌倉には本店があるのでそこで購入するのも良いですが、わざわざ鎌倉まで行かなくても横浜のデパートや地下街で購入可能です。

このサブレーは和菓子的な要素と洋菓子的な要素がうまくまとまっているクッキーです。クッキーというとなんとなく語弊があるのですが、そこに和風っぽさが入っているので、洋菓子とは言い切れない感じがあります。

味がすごくシンプルですし、クッキーのような繊細な舌触りではなくかなり素朴な感じで、それがとても癖になるのです。あげてももらっても嬉しいお土産の一つです。

里香/20代/女性

クチコミを書く

お名前

Email

性別

年代

評価

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください