とらや 六甲の風

六甲の風 外装
六甲の風 外装六甲の風 開封写真六甲の風 中身写真

とらや 六甲の風について

六甲の風 開封写真

「六甲の風」は、室町時代後期に京都で創業したとらやが手がける羊かんです。

虎をモチーフにした黒と黄色の縦縞はパッケージだけではなく、羊かんも同じようなデザインとなっています。

主な原材料は砂糖、豆類、寒天という、体にもやさしい羊かん。
黒は通常の羊かん、黄色は白小豆を使用した羊かんですよ。

とらやの公式サイトによると、小豆は北海道産、白小豆は群馬・茨城産、寒天は長野・岐阜でつくられたものとあります。

厳選された素材を楽しめる高級羊かんといえる一品ですね。

とらや 六甲の風を食べた感想

大阪にある阪神百貨店 梅田本店のとらやのお店で見かけて購入。
とらやの羊かんにしては珍しい黒と黄色のパッケージで、買わずにはいられませんでした。

プロ野球団・阪神タイガースをイメージしてつくられたのかなと思うのですが、公式サイトにはそういった情報はないので、はっきりとしたことはいえませんね。

でも、ネーミングからしても、タイガースを意識しているとしか思えないのですが・・・。

▼中身も黒と黄色の縦縞になっていますよ。やや厚めに切り分けていただきます。

六甲の風アップ写真

さすがとらやの羊かんですね。
パッケージだけで売っているわけじゃないことが、食べるとすぐにわかります。

歯切れのよい羊かんで、小豆の味をしっかりと感じられ、とても上品な味わいです。

黄色部分の羊かんは白小豆が使用されていて、黒と比べてあっさりしています。

デザインの特徴からして、タイガースファンや大阪にゆかりのある人に贈ると喜ばれるでしょうね!

勇猛さをあらわす「虎」

虎をモチーフにした羊かんということで、虎についての豆知識をご紹介。

勇猛果敢な動物と知られている虎。
日本では百獣の王といえばライオンですが、中国では虎なんですよ。

昔も今も、勇猛な人物を喩える(たとえる)ときに「虎」という言葉で表現していたんですよ。
戦国時代の大名・上杉謙信は越後の虎、中国・三国志の有名な武将5人は五虎大将軍と呼ばれていました。

またことわざにも、虎がつくものがあります。
虎の威を借る狐(強い者の力をかりていばる)、竜虎相打つ(強い者同士が勝負する)、虎視眈々・こしたんたん(機会をねらってうかがう) など。

動物の虎はふだん見かけることはありませんが、言葉としてはよく使われているのがわかりますね。

とらや 六甲の風の内容量・値段

縦12.7センチ×横6.3センチで持ち運びやすいコンパクトサイズです。

値段は330gで1,944円(税込)。

とらや 六甲の風の賞味期限

賞味期限は製造日より140日となっています。

羊かんは日持ちするので、お茶菓子として買い置きしておくのもいいですね。

とらや 六甲の風が買える場所・通販について

わたしは阪神百貨店 梅田本店で購入しました。地下1階の食品館にとらやの店舗も入店していますよ。(営業時間/10:00~20:00)

阪神百貨店オンラインショップでは、現在取り扱いはありません(2018年6月時点の情報)

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名とらや 六甲の風
内容量301~400g
製造者(株)虎屋 東京都港区赤坂4-9-22
製造者住所静岡県御殿場市印野1581
原材料砂糖豆類(小豆、白小豆、手亡、福白金時)寒天クチナシ色素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造より常温140日
保存方法高温多湿はお避けください
箱の大きさ横 6.3cm × 奥行き 12.7cm × 高さ 4.1cm
名産地大阪府
販売場所阪神梅田本店
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。