小形羊羹 黒豆黄粉

小形羊羹 黒豆黄粉 外装
小形羊羹 黒豆黄粉 外装小形羊羹 黒豆黄粉 中身写真
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名小形羊羹 黒豆黄粉
内容量201〜300g
製造者(株)虎屋
製造者住所東京都港区赤坂4-9-22
原材料砂糖、寒天、きな粉、豆類(白小豆、手亡、福白金時)、黒豆きな粉(大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造から1年
保存方法高温多湿はお避けください
箱の大きさ横 15.2cm × 奥行き 8.7cm × 高さ 2.2cm
名産地京都府
販売場所大丸京都店ジェイアール京都伊勢丹髙島屋京都店
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内

小形羊羹 黒豆黄粉について

京都の黒大豆と大鶴大豆を使用した羊羹で、京都限定として販売されています。
きな粉の香ばしい風味を堪能できる羊羹ですよ。

黒豆黄粉入羊羹を手がけている虎屋の経営理念は、「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」というもの。

シンプルな思いのもとに、創業から500年経った現在でも、質の高い和菓子を作り続けています。

とらや=おいしい羊羹というイメージがあり、手土産や贈答として利用する人も多いですね。

「小形羊羹」と命名されている小さなサイズの羊羹。
虎屋で「小形」を考案したのは15代当主・黒田武雄氏です。

大正時代のころ、大勢の人に買ってもらえるお菓子を作りたいと思っていた矢先、化粧箱に入ったフランスの香水を入手します。

その箱の形状やデザインにヒントを得た黒川氏は、小さい羊羹を作ることに。それで誕生したのが小形羊羹なのです。

昭和5年に発売された小形羊羹は、形の変更があったものの、現在でも変わらず販売されています。(現在の形になったのは2008年からとのこと)

小形羊羹 黒豆黄粉を食べた感想

ミニサイズの羊羹が4つ、一つひとつ箱に入っています。長さ約7.5センチ、厚さ約1.7センチ。

甘党の人であれば、一人で食べるのにちょうどよいサイズです。

棹物とはいえ小形の羊羹ですので、切り分けずに手に持ったまま食べられますよ。

羊羹を持つと滑るのではないかというぐらい、表面がつるりと光っています。

練り羊羹ですが、硬めということはなく、ちょうどよい歯ごたえ。
大変香ばしいきな粉の味わいにどこか懐かしさを感じ、ほっと落ち着いた気持ちになります。

小形羊羹黒豆黄粉が買える場所

  • 京都一条店(住所:京都市上京区烏山通一条角広橋殿町415/営業時間:平日9:00~19:00、土・日・祝日9:00~18:00/定休日:1~11月の最終月曜日/元旦)
  • 京都四条
  • 京都高島屋
  • 大丸京都店
  • ジェイアール京都伊勢丹