虎屋 虎秀

虎屋 虎秀 外装
虎屋 虎秀 外装虎屋 虎秀 開封虎屋 虎秀 中身

虎秀について

虎秀(とらしゅう)は、広島県福山市の和菓子店、虎屋が製造・販売をしています。

虎屋は、江戸時代初期の1620年(元和6年)に創業しました。

福山城築城の祝いの席に和菓子を献上した歴史を持つ、福山城とほぼ同じ歴史がある老舗です。

築城の際に献上した饅頭は、御用菓子「とんど饅頭」となり、現在まで名物となっています。

虎秀は、そんな老舗和菓子店が開発したシュークリームで「虎屋のシュークリーム」の略です。

中に入っているクリームは、カスタードクリームの「かすたあど」と抹茶クリームの「抹茶」という2種類があります。

虎秀を食べた感想

虎秀は直径約8.5cm、高さ約4cmのドーム状。

表面はシワがより、薄黄色をして焦げ目のある一般的なシュークリームの見た目です。

食べてみると、皮はしんなりとした食感です。

かすたあど

虎屋 虎秀 中身(かすたあど)

カスタードクリームが中に大量に詰められており、半分に割るとこぼれ落ちるほどのボリューム!

なめらかな舌触りですが、流れるほどのトロリ感ではなく、プルプルとしたほどよい粘りをもったクリームです。

口に頬張ると、クリームの甘い香りが口の中に充満します。

コクのある甘さはシュークリームらしく、それでいて上品さも感じ後に引きません。

抹茶

虎屋 虎秀 中身(抹茶)

抹茶クリームは、カスタードクリーム同様にあふれんばかりのボリュームです。

鮮やかな緑色のクリームの中に、小豆の粒が混じっているのが特徴。

シュークリームの外側からは、中の抹茶クリームの緑色が少し透けています。

抹茶クリームが口に入った瞬間に、クリームの甘さと抹茶のほろ苦さを感じ、独特の風味が口に広がりますよ。

そして、時々クリームの柔らかい舌触りの中に、小豆のザックリとした硬めの食感があり、よいアクセントになっていますね。

カスタードクリームと比べて甘さ控えめで、ほどよい甘さと抹茶のほろ苦さを味わえる大人向きの味です。

虎秀の購入について

福山市を中心に展開している虎屋の各店舗で購入できます。

価格は1個130円(税込)。要望により箱入りにすることも可能です。

OMIYA!で紹介している虎屋のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名虎屋 虎秀
内容量1個入り
製造者虎屋本舗
製造者住所広島県福山市曙町1-11-18
原材料【かすたあど】生クリーム、牛乳、卵、小麦粉、砂糖、食用動物油脂、食用精製加工油脂、澱粉、洋酒、発酵乳、塩、カゼインNa、乳化剤、クエン酸Na、酸化防止剤(V.E)、着色料(カロチン)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)、【抹茶】 生クリーム、牛乳、卵、小麦粉、砂糖、食用動物油脂、食用精製加工油脂、澱粉、小豆、抹茶、洋酒、発酵乳、塩、カゼインNa、乳化剤、クエン酸Na、酸化防止剤(V.E)、着色料(カロチン)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1日
保存方法要冷蔵(10℃以下で保存)
箱の大きさ横 21cm × 奥行き 15cm × 高さ 8.5cm
名産地広島県福山
販売場所福山駅天満屋福山ポートプラザ店
おみやげの種類洋生菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。