栃木で見つけたメープルチーズケーキ

栃木で見つけたメープルチーズケーキ 外装
栃木で見つけたメープルチーズケーキ 外装栃木で見つけたメープルチーズケーキ 中身写真

栃木で見つけたメープルチーズケーキとは?

「栃木で見つけたメープルチーズケーキ」は、メープルが香るふわふわの生地の中にチーズクリームが入った二口サイズのスフレチーズケーキです。

ケーキにはカマンベールチーズパウダーが使用されています。

パッケージに「栃木」と入っているので栃木県のお土産だとわかりやすく、ケーキはひとつひとつ個包装がされているので、学校や職場などでバラで配るお土産にもぴったりですね。

ただし、開封後は冷蔵庫に保管し2日以内に食べるように、とのこと。注意してください。

メープルチーズケーキは他の地域でもシリーズ展開あり

私は今回、お土産売り場でお菓子を見ているときに、パッケージの「第26回 全国菓子大博覧会で全菓博金賞を受賞」の文字が目にとまり、美味しそう!と思って購入に至りました。

さて、栃木県とメープルチーズの関係は何なのでしょうか…?

買うときには、もしかしたら実は栃木はメープルが名産なのかも?とも思ったのですが、どうやら栃木の名産というわけではなかった模様。

というのも、実はこのチーズケーキ、調べたところ、名前を変えて全国各地のお土産売り場で販売されているようです。

他の地域で買えるメープルチーズケーキは、以下のとおり。

  • 那須高原で見つけたメープルチーズケーキ
  • 東京 街で見つけたメープルチーズケーキ
  • 静岡発 街で見つけたメープルチーズケーキ
  • 伊賀で見つけたメープルチーズケーキ
  • 門司港で見つけたメープルチーズケーキ

もしかしたら、お出かけした際に他の地域の”〇〇で見つけたメープルチーズケーキ”を目にすることがあるかもしれませんね。

栃木で見つけたメープルチーズケーキを食べた感想

袋をあけるとメープルの甘くて香ばしい香りがひろがりました。

ケーキの大きさは約4.5~5cm。手のひらにすっぽりおさまるサイズです。

ぱっと見は、ケーキというよりはチーズ蒸しパンのような見た目でしょうか。

手にとってパクリといただくと、まわりのケーキはしっとり・ふんわり食感。

ケーキの中にはクリームがはいっており、なめらかな口溶けです。

最初のひとくちめを食べてすぐは、想像していたよりもメープルやチーズの味が薄いなと思ったのですが、食べているうちにメープルとチーズの風味がじんわりと口の中に広がってきました。

甘さは程よく、ふわふわと軽いので2~3個はぺろりと食べられていまいます。

コーヒーや紅茶、牛乳などによく合う味わいですよ。

また、開封後は冷蔵庫に入れて保管していたのですが、中のクリームがかたまってしまいました。

電子レンジで10秒ほど温めると、クリームがやわらかくなり、メープルやチーズの風味が口の中にジュワッと広がってさらに美味しくいただけましたよ。

ちなみに、個包装が2色ありましたが、中身は同じでした。

栃木で見つけたメープルチーズケーキのカロリー

  • 100gあたりのカロリー:364kcal

栃木で見つけたメープルチーズケーキの価格

  • 1箱(20個入り):1,100円
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名栃木で見つけたメープルチーズケーキ
内容量20個入り
販売者株式会社 永井園
販売者住所栃木県日光市松原町12-7
原材料砂糖鶏卵小麦粉植物油脂、油脂加工品(ショートニング、水飴、麦芽糖、植物油脂、プロセスチーズ)、乳等を主要原料とする食品、カマンベールチーズパウダー、メープルシュガー乳化剤膨脹剤グリシン香料着色料(カロテン)酸化防止剤(V.E)カゼインNaメタリン酸NapH調整剤安定剤(増粘多糖類)酵素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年6月29日、賞味期限:2018年8月28日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 25.6cm × 奥行き 30.7cm × 高さ 3.9cm
名産地栃木県
販売場所あしかがフラワーパーク
おみやげの種類メープルチーズケーキ
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。