タルトタタン 不来方(こずかた)バウム

タルトタタン 不来方(こずかた)バウム外装
タルトタタン 不来方(こずかた)バウム外装タルトタタン 不来方(こずかた)バウム開封後タルトタタン 不来方(こずかた)バウム中身
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名タルトタタン 不来方(こずかた)バウム
内容量201〜300g
製造者株式会社タルトタタン
製造者住所岩手県盛岡市流通センター北1-3-7
原材料卵、砂糖、ショートニング、小麦粉、バター、乳等を主要原料とする食品、アーモンド、油脂加工品、しょうゆもろみ、洋酒、加工でん粉、膨張剤、香料、着色料(カロチン)、(原材料の一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法高温多湿・直射日光をお避けください。
箱の大きさ横 18cm × 奥行き 18cm × 高さ 6cm
名産地岩手県盛岡
販売場所盛岡駅
おみやげの種類バウムクーヘン洋菓子
価格帯2,000円以内

タルトタタン 不来方(こずかた)バウムとは

不来方(こずかた)バウムは、岩手県盛岡市の菓子店・タルトタタンと、創業200年を越える醤油の名店「八木澤商店」がコラボして生まれた商品。

岩手県産の原料のみを使用した八木澤商店自慢の「もろみ」を、洋菓子であるバウムクーヘンとあわせ、独特の香りと風味を出しています。

“不来方”とは、もともとの盛岡の地名のこと。

石川啄木の歌『不来方の お城の草に寝ころびて 空に吸はれし十五の心』に歌われているのも盛岡城です。

2011年の東日本大震災により、八木澤商店の蔵は津波で流されてしまいました。しかし翌月、奇跡的にたった4キロの「もろみ」が見つかります。

それから必死の努力で奇跡のもろみが培養され、発売休止していた不来方バウムも無事復活を遂げました。

タルトタタン 不来方(こずかた)バウムを食べてみて

パッケージ・個包装の模様は、醤油の蔵をイメージしているのでしょうか。シックな雰囲気で高級感がありますね。

バウムクーヘンは層にやや歪みがあり、それがかえって職人の手しごとを感じさせます。

鼻を近づけてみると、ほんのり醤油のような香りが。

生地はしっとり・ふわふわとやわらかく、口のなかでしゅわっとほどけていきます。

醤油味というわけではなく、あくまでもろみがふんわりと香り、まろやかなコクがありますね。

洋菓子なのに和風の雰囲気があって、なかなかほかのバウムクーヘンにはない味わいだと思います。

震災を越えてつながった、岩手ならではの奇跡の味。

不来方のお菓子をぜひ贈り物に、自宅用のおやつに試してみてはいかがでしょうか。

タルトタタン 不来方(こずかた)バウムの値段と買える場所

1箱1,296円(税込)で、盛岡駅をはじめとするタルトタタンの店舗(県内5店舗有)およびオンラインショップで購入できます。

OMIYA!で紹介しているタルトタタンのお菓子一覧