田老かりんとう

田老かりんとう外装
田老かりんとう外装田老かりんとう開封後田老かりんとう中身
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名田老かりんとう
内容量100g以内
製造者田中菓子舗
製造者住所岩手県宮古市田老字八幡水神37-1
原材料小麦粉、上白糖、黒糖、米胚芽油、塩、膨張剤、トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 25cm × 高さ 4.5cm
名産地岩手県
販売場所いわいずみ三田貝分校みやこさんりくたろうやまだ
おみやげの種類かりんとう
価格帯1,000円以内

田老かりんとうとは

田老かりんとうは、岩手県宮古市田老にある田中菓子舗が製造するお菓子です。

大正12年から作られてきたロングセラー商品で、田老地区で長年愛されてきました。

昭和38年の三陸大津波、そして平成23年の東日本大震災と二度の津波で被災したものの、そのたびに再建を果たし伝統の味を伝え続けています。

三陸宮古の塩を生地に練り込んで国産米胚芽油で揚げ、じっくりと乾燥させてから黒糖蜜をからめた、昔ながらの手づくりです。

独特のうずまき模様は、プレーンと黒糖両方の生地を巻き上げてから薄く切ることで表現したもの。
これは岩手県のかりんとうでよくみられる製法です。

80g入り432円(税込)で、いわて銀河プラザや道の駅たろう・いわいずみ・やまだ・さんりくなどで購入できますよ。

田老かりんとうを食べてみて

パッケージには、田老地区の名所のイラスト付き。
一般的なかりんとうのような棒状ではなく、直径10cmほどもあるぼこぼことした円形をしています。

薄めでパリポリとした食感が特徴で、黒糖蜜をまぶしてあるものの、全体的な甘さは控えめ。
素材の風味がしっかりと感じられる、素朴な味わいです。

日本茶はもちろん、コーヒーと合わせてもよさそうですね。

二度の津波を乗り越えて今なお愛され続ける、この地域ならではのおみやげですよ。