たなべのかりん糖

たなべのかりん糖外装
たなべのかりん糖外装たなべのかりん糖開封後たなべのかりん糖中身

たなべのかりん糖とは

たなべのかりん糖は、新潟県のお土産。
加茂市にある昭和2年創業の老舗・田辺菓子舗が販売しています。

田辺菓子舗は、創業以来かりんとうひと筋のお店です。
無添加・無着色の生地を薄く切り、精製しない絞りたてのなたね油でからりと揚げたシンプルな味わいに、多くのファンがいるんですよ。

一般的なかりんとうの黒い色は、白砂糖を焦がしてつけるもの。
しかし、たなべのかりん糖には黒砂糖を使用し、焦がさずに自然のままの茶色に仕上げています。

また、黒砂糖だけではこってりしすぎるため、白砂糖と水飴をブレンドして上品な甘みに抑えているのもポイントです。

たなべのかりん糖を食べてみた感想

たなべのかりん糖開封後

開封してみると、刀のような、そらまめのサヤのような不思議な形におどろきます。
また、一般的なかりんとうと比べるとやさしい茶色をしていますね。

1本の長さは12cmほどあり、かなり大ぶり。
サクサクというよりは外側はねっとり、内側はしっとりとした食感です。

厚みがあるのですが意外にやわらかく、硬いお菓子が苦手な人でも食べやすいと思います。
コクがありつつ、後味のさっぱりとした蜜がたっぷりと絡んでいて、ほどよい甘さでした。

おすすめの飲み物は「牛乳」

口コミによれば、たなべのかりん糖に合わせる飲み物はだんぜん「牛乳」がおすすめだそう。

実際に試してみると、まろやかな牛乳と蜜のコクが溶け合って、たしかに相性は抜群でしたよ。

田辺菓子舗のHPによると、冷凍してそのまま食べると、また違った食感で楽しめるそう。

自宅用のおやつとしても、新潟のお土産としてもぜひおすすめしたいお菓子です。

たなべのかりん糖のカロリー

たなべのかりん糖のカロリーは、1本あたり97kcal。

10本入りなので、1袋だと970kcalということになりますね。

1本でもじゅうぶん食べごたえがあるので、一気に食べるということはないと思いますが、食べ過ぎには注意しましょう。

たなべのかりん糖の値段

  • 10本入り:442円

たなべのかりん糖は、10本入りを1袋とし、3袋・5袋・10袋の化粧箱入りも展開しています。

たなべのかりん糖が買える場所や通販について

たなべのかりん糖は、新潟空港新潟駅をはじめとした新潟県内の主要駅・道の駅・サービスエリアで広く購入できます。

通販の場合、以下のサイトからお取り寄せ可能ですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名たなべのかりん糖
内容量10個入り
製造者(株)田辺菓子舗
製造者住所新潟県加茂市若宮町1-5-1
原材料小麦粉植物油水飴砂糖黒糖膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2ヶ月
保存方法直射日光を避け、冷暗所に保管してください。
箱の大きさ横 16.5cm × 奥行き 19cm × 高さ 4cm
名産地新潟県
販売場所新潟空港越後湯沢駅長岡駅新潟駅燕三条駅阿賀野川SA黒埼PA栄PA阿賀の里新潟ふるさと村神林いくとぴあ食花新潟ふるさと村
おみやげの種類かりんとう和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。