本生みずのいろ たまつゆ

本生みずのいろ たまつゆ 外装写真
本生みずのいろ たまつゆ 外装写真本生みずのいろ たまつゆ 中身(全体)の写真本生みずのいろ たまつゆ 中身(拡大)の写真

本生みずのいろ たまつゆとは

本生みずのいろ たまつゆは、柿羊羹で有名な岐阜県大垣市の老舗「御菓子つちや」が2017年より販売している新しい生菓子です。

大垣市は、良質で豊富な地下水に恵まれて、古くから水の都と呼ばれている土地柄。

そんな水の都大垣で水とともにお菓子作りを続けてきた「つちや」が、葉の上でころころと転がる水滴に写った景色をイメージして作ったのが、この「本生みずのいろ たまつゆ」です。

水のような透明感とツルッとした柔らかい食感が特徴で、梅・白桃・ミントの3種の味がセットになっています。

店員さんの話では、ゼラチンで固めたゼリーとは異なり、海藻抽出液で固めているとのことで、ゼリー菓子というよりも寒天菓子というのが近いかもしれません。

本生みずのいろ たまつゆを食べた感想

本生みずのいろ たまつゆは、その透き通った見た目が美しく繊細な印象。

崩れないようおそるおそる容器からお皿に移したのですが、予想に反して意外にしっかりと弾力がありました。

1つの大きさは、直径5cmほど。ツルッとした舌触りの良さとなめらかさがあるものの、ゼリーのようなゆるいむっちり感ではなく、どこか寒天を思わせる、しゃっきりとした歯触りです。

梅・白桃・ミント、どれも甘さは控えめのさっぱりとした味わいで、特にミントはスーッとした清涼感もあり、暑い季節にぴったりの生菓子だと思います。

見た目にも涼しげで綺麗なので、夏の手土産に喜ばれそうですね。

本生みずのいろ たまつゆを買える場所

本生みずのいろ たまつゆは、岐阜県大垣市にあるつちや本店、三城店、岐阜市にある美術館前店、長森店の直営店舗で買うことができます。アピタ岐阜店にも店舗が入っていますよ。

予約なしでも購入できますが、売り切れが心配な場合は事前に電話をすれば、お取り置きも可能とのこと。

日持ちが製造日を含めて2日間と短いので、ご注意ください。

本生みずのいろ たまつゆは店頭販売商品となっており、つちや公式オンラインショップ(通販)での取り扱いはありません。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名本生みずのいろ たまつゆ
内容量3個入り
製造者株式会社 槌谷
製造者住所岐阜県大垣市俵町39
原材料砂糖、濃縮もも果汁、洋酒、梅酒、ぶどう糖液、ゲル化剤(増粘多糖類)、ざくろ果汁、バタフライピー、酸味料、香料、着色料(黄4・青1・赤102)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日を含め2日間
保存方法要冷蔵(10℃以下で保存)
箱の大きさ横 18.3cm × 奥行き 6.3cm × 高さ 4.6cm
名産地岐阜県
おみやげの種類生菓子
価格帯1,000円以内