多摩川清流 茶沢のあゆ

茶沢のあゆ 外装
茶沢のあゆ 外装茶沢のあゆ 中身全体茶沢のあゆ 中身拡大

多摩川清流 茶沢のあゆについて

東急田園都市線・世田谷線の三軒茶屋駅から徒歩4分のところにある竹翁堂は、昭和2(1927)年に創業した老舗の和菓子屋さんです。

竹翁堂で人気のおみやげが、「茶沢のあゆ」。
お店がある茶沢通りを多摩川に見立て、”川を上るあゆ”をイメージして作られたという名物のお菓子です。

ぷっくりふくれたお腹が可愛らしくて、見ているだけで心が和みますよね。
お皿に置くときには、きれいに一列に並べたくなります。

「茶沢のあゆ」は1個から購入可能です。
7個以下は透明の和菓子トレーに入れられ、8個以上購入すると写真のように箱入り包装となります。

多摩川清流 茶沢のあゆを食べた感想

生地はしっとりした質感。
お腹の部分を押すと、ぷにっとした求肥の弾力が手に伝わってきます。

香ばしい生地と、黒すり胡麻を練り込んだ求肥との相性はばっちり。
和菓子と言っても抑えめの甘さで、その中に生地と胡麻の香ばしさが調和した味です。
黒すり胡麻のつぶつぶした舌触りと、もっちり求肥の食感がクセになります。

1個でも十分にお腹がいっぱいになりました。
定番の合わせ方だとは思いますが、緑茶と一緒にいただくのがおすすめです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名多摩川清流 茶沢のあゆ
内容量1個入り8個入り10個入り
製造者有限会社竹翁堂
製造者住所東京都世田谷区太子堂4-30-29
原材料小麦粉砂糖水飴膨張剤はちみつ白玉粉胡麻、(原材料の一部に卵、小麦粉が含まれております。)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約7日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 15.0cm × 奥行き 21.2cm × 高さ 5.0cm
名産地東京都
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。