高瀬舟羊羹

高瀬舟外装
高瀬舟外装高瀬舟内装高瀬舟中身

高瀬舟羊羹について

高瀬舟とは、浅海や川を航行するために作られた木造船のことで、始まりは室町時代の末期にさかのぼり、岡山の吉井川など主要河川で使用され、日本に広がったとされています。

そんな高瀬舟をイメージしたこちらの羊羹。

羊羹を作り続けて250年と歴史の長い「古見屋」が作る羊羹は、職人気質と素材へのこだわりが生み出した絶妙な味を今に受け継ぐ昔ながらの素朴な味わいが特徴。

高瀬舟が山と海をつないでいた「結ぶ心」を羊羹に乗せて、一つ一つ丁寧に作り手の心がこもった一品に仕上がっていますよ。

食べた感想やお土産としてのポイント

羊羹を包むパッケージにまず「わ!素敵!」と声がでてしまうほど。

とても丁寧に羊羹を包んでいる包装は、まさに高瀬舟をイメージした船の形。

昔、笹で作った笹舟を思い出すような、何かなつかしさも感じます。

包みをめくると、一口、二口くらいで食べきれてしまうとても小さいサイズの羊羹が姿を現します。

羊羹といえば、長方形で切り分けが必要なことも多く、食べるのが面倒なイメージも多少ありましたが、こちらはそんな面倒さは一切感じられずとても食べやすい形と大きさになっていて、これも食べる人への想いが感じられますよ。

もちろん味もとても上品で滑らかな舌触りと、噛むほどに深みを増す小豆の甘みに、ゆっくりと味を堪能したくなるほど。

お茶請けにはもちろんですし、小腹がすいた時や疲れた時の甘み補充にもぴったり。

原材料も「砂糖、小豆、寒天」とシンプルなので子供のお菓子としても安心ですし、サイズが小さいのでお年寄りにも食べやすい、お土産としてとてもお勧めできる一品です。

味の仕上がりの高さと、パッケージの丁寧さも相まって、贈り物としても喜ばれると思います。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名高瀬舟羊羹
内容量15個入り
製造者株式会社古見屋羊羹
製造者住所岡山県真庭市落合垂水199
原材料砂糖寒天小豆
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約60日
保存方法高温多湿を避け、常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 28.5cm × 高さ 3cm
名産地岡山県
販売場所姫路駅岡山駅新倉敷駅倉敷駅加西SA倉敷美観地区岡山後楽園
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。