但馬屋老舗 三笠野

三笠野 外装
三笠野 外装三笠野 中身写真
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名但馬屋老舗 三笠野
内容量6個入り8個入り16個入り24個入り
製造者(有)但馬屋老舗
製造者住所大分県竹田市竹田町40番地
原材料砂糖、卵、小麦粉、小豆、蜂蜜
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日から10日間
保存方法直射日光・高温多湿を避け保管して下さい。
箱の大きさ横 15.7(6個入)cm × 奥行き 20.7(6個入)cm × 高さ 4.8(6個入)cm
名産地大分県竹田
販売場所北九州空港JR別府駅JR大分駅大丸福岡天神店井筒屋小倉店井筒屋黒崎店福岡三越髙島屋港南台店日本橋髙島屋高島屋新宿店鶴屋百貨店
おみやげの種類和菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内4,000円以内

三笠野について

三笠野(みかさの)は小麦粉生地でこしあんを包んだもので、大分県竹田市に古くから伝わるお菓子です。

写真の三笠野は創業1804年、大分県で一番古い和菓子屋さん「但馬屋老舗」が手がけています。

かつて大分県にあった岡藩の10代・中川久貴氏の命を受けて、奈良のお菓子・燧焼(ひうちやき)にならってつくったのが始まりとのことです。

奈良の三笠山と春日野にちなんでいることから「三笠野」と名付けられていますよ。

但馬屋老舗の三笠野は個包装タイプと、箱にそのまま入っているタイプの2種類。個包装タイプには写真の6個入のほかに、8個入、16個入、24個入があります。

三笠野を食べた感想

三日月の形にも見えるお菓子は小ぶりで、お茶請けにちょうどよいサイズ。

三笠野の皮は薄く、口に入れるとすぐにあんに到達します。

皮よりもあんの主張が強いのですが、さらっとしており甘ったるさが全くなくとてもおいしいです。

舌ざわりから、よく練られているあんという印象を受けます。

但馬屋老舗の直営店舗・但馬屋新屋では、三笠野を自分で焼ける「三笠野づくり体験」ができるようです。

自分で焼いて、焼き立てを食べるとより美味しく感じられるでしょうね!

三笠野が買える場所

但馬屋老舗のお菓子は直営店舗・全国の販売店、またオンラインショップで販売しています。

また下記の場所で購入可能です。

  • JR大分駅
  • JR別府駅
  • 北九州空港