会津銘菓 すっちょいさ

すっちょいさ_外装
すっちょいさ_外装すっちょいさ_開封すっちょいさ_中身

すっちょいさとは

会津銘菓すっちょいさは、福島県の会津坂下町に本社を置く「お菓子の蔵・太郎庵」さんで作られているお菓子です。

太郎庵は昭和24年創業の老舗。親子二代に渡ってお菓子づくりを通して地元の人たちと関わり合ってきました。

独特な響きの「すっちょいさ」ですが、これは会津磐梯山のはやし言葉なんだとか。

外箱に描かれたイラストから、「すっちょいさ、すっちょいさ」と言いながら盆踊りを踊る人たちの様子が目に浮かぶようですね。
個装の風呂敷包みは、ゆかた姿をイメージしています。

肝心の中身は、京きな粉をたっぷりまぶしたやわらかい羽二重餅(はぶたえもち)。
これに、添付の黒蜜をとろりとかけていただきます。

すっちょいさを食べた感想

正直なところ、外箱とネーミングからはいまいち中身が想像できなかったすっちょいさ。
開けてみて「これは!」と思い当たったのが、山梨県の桔梗信玄餅です。

片手で持てるくらいの大きさのトレーの中に、たっぷりのきな粉とお餅が三切れ。それに、添付の黒蜜をかけて食べます。

信玄餅と比べてお餅がやや柔らかめなのか、トレーにくっついてなかなか出てきませんでした。

気になるお味はもちろん、きな粉と黒蜜のベストバランス!

香ばしいきな粉の香りと風味に、コクのある黒蜜が混ざり合って、とても上品な甘さです。ぺろっと食べられちゃいますよ。

実は、信玄餅の他にも、すっちょいさと似たおみやげがあるようです。

参考:信玄餅に似てる?風呂敷包みの餅菓子大全集!

並べて食べ比べをしたら、楽しそうですね!

賞味期限は、購入から30日ほど。
要冷蔵ではないので、必要になったときにパッと買えるおみやげ品として重宝します。

個包装の風呂敷包みも風情があって、年代を問わず喜ばれるでしょう。

お餅が喉に詰まったりしないよう、小さなお子さんやお年寄りにあげるときは気をつけてくださいね。

すっちょいさを買えるところ

福島県の駅構内やサービスエリア、道の駅などのほか、「お菓子の蔵・太郎庵」のネットショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名会津銘菓 すっちょいさ
内容量5個入り
製造者株式会社太郎庵
製造者住所福島県河沼郡会津坂下町字福原前4108-1
原材料餅:砂糖、もち粉、水飴、麦芽糖、きな粉(大豆)、トレハロース、黒蜜:黒砂糖、水飴、香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避け涼しい所で保存
箱の大きさ横 9cm × 奥行き 25cm × 高さ 4cm
名産地福島県会津若松
販売場所福島空港福島駅郡山駅あいづ猪苗代鶴ヶ城(若松城)
おみやげの種類半生菓子和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。