シュガーバターサンドの木

評価★★★★★4.7
クチコミ30
シュガーバターサンドの木 外装写真
シュガーバターサンドの木 外装写真シュガーバターサンドの木 中身(全体)の写真

シュガーバターサンドの木とは

シュガーバターサンドの木は、グレープストーン 銀のぶどうが販売する東京土産の洋菓子です。

ライ麦粉、小麦全粒粉、からす麦などをブレンドして焼きあげたサクサクのシリアル生地に、ミルキーなホワイトチョコレートをサンドした、やさしい甘さが特徴。

シリーズには、「シュガーバターサンドの木 まろんショコラ」「ショコラバターの木」「シュガーバターの木 ショコラがけサンド 炭火ショコラ」などもありますが、この「シュガーバターサンドの木」がブランドを代表する一番人気の商品とのこと。

商品は個包装になっており、おみやげにぴったりの箱入りタイプは7個入り、14個入り、21個入り、30個入りの4サイズ。自宅用にはプラスティック容器に入ったお徳用パックが5個入りと10個入りの2サイズがあります。

サイズ展開が豊富で、おみやげを渡す相手の人数に応じて選べるのが嬉しいですね。

シュガーバターサンドの木を食べた感想

ホワイトチョコレートをサンドしているシリアル生地は、ライ麦粉、小麦全粒粉、からす麦などをブレンドして焼きあげたもので、サクサクの食感。パイではありませんが、少し層になっており、小気味よい歯ざわりです。

ホワイトチョコレートはミルク感たっぷりの優しい甘さで、素朴な味わいのシリアル生地との相性がばつぐん。

シュガーバターサンドの木のおいしさは口コミでも評判で、女性に喜ばれるおみやげとして人気ですが、チョコを使っているおみやげの中では甘すぎない部類に入るので、男性にも好まれそうですね。

シュガーバターサンドの木を買える場所

シュガーバターサンドの木は、シュガーバターの木 JR上野駅店、JR大宮駅店、JR東海東京駅店、海老名サービスエリア(下り)店、JR品川駅店、阪急うめだ店、博多阪急店、そごう横浜店、大丸東京店、京王新宿店、羽田空港などで購入できます。

OMIYA!で紹介しているシュガーバターサンドの木シリーズ一覧

シュガーバターサンドの木の開封動画

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名シュガーバターサンドの木
内容量5個入り7個入り10個入り14個入り21個入り30個入り
製造者株式会社グレープストーンOK 銀のぶどう
製造者住所東京都中央区銀座5-6-15
原材料小麦粉、砂糖、食塩、バター、脱脂粉乳、香料、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(V.E)、イーストフード、粉糖、チョコレート、加工油脂、パン粉、ライ麦粉、小麦全粒粉、からす麦、コーングリッツ、酵母
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 28.5cm × 高さ 5cm
名産地東京都
販売場所東京国際空港(羽田空港)大宮駅品川駅新横浜駅東京駅上野駅海老名SA菖蒲PA大丸東京店博多阪急阪急うめだ本店伊勢丹府中店西武池袋本店そごう横浜店
おみやげの種類焼き菓子洋菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内