末広堂 憩菊の露

末広堂 憩菊の露 外装
末広堂 憩菊の露 外装末広堂 憩菊の露 開封写真末広堂 憩菊の露 中身写真

末広堂 憩菊の露について

金沢城、兼六園、東茶屋街など、観光スポットして訪れる人の多い金沢市。

金沢駅では周遊バスが発着していて、金沢市内の名所を巡るのに便利ですよ。

創業1867年(慶応3年)の末広堂は、石川県金沢市に本店をかまえる和菓子の老舗です。

写真は粒あんを求肥で包んだ和菓子。とてもやわらかい求肥と風味豊かな粒あんが特徴です。

同封されているお菓子の栞によると、憩菊の露の誕生は慶応3年で、もともとは菊乃露という菓名だったとのこと。平成4年より、現在の「憩菊の露」となっています。

末広堂 憩菊の露を食べた感想

包装紙をはがすと、品のよい黒い箱がでてきました。
箱をあけて栞を取り出し、憩菊の露の歴史を知ってから食べることに。

末広堂 憩菊の露 開封写真

見た目は大福のようですが、原材料からみたところ憩菊の露は求肥かと思います。(砂糖・餅粉・水飴)
純白の姿は見た目もとても上品ですね。

末広堂 憩菊の露 中身写真

求肥の形がくずれないようにゆっくり割いてみますと、なかにはたっぷりの粒あんが。

末広堂 憩菊の露 あんこ

ひと口頬張ると、とてもやわらかくモチモチしています!

生地はモチモチなのですが、中身のあんこはしっかりした食感で小豆の風味が豊か。求肥とあんの食感の対比がおもしろいですね。

外側の生地よりもあんこの主張を強く感じます。

素敵な菓名で味も上品、土産としてはもちろんのこと贈答用としても利用できそうです。

末広堂 憩菊の露の個数・値段・賞味期限

6個入り960円。

以下は賞味期限の目安です。

購入日:2018年6月27日、賞味期限日:2018年7月11日

末広堂 憩菊の露が買える場所・通販について

末広堂の店舗で購入できますよ。
(金沢駅構内「金沢百番街あんと」にも末広堂の店舗があります。営業時間8:30~20:00)

【末広堂】

  • 住所:石川県金沢市兼六元町11-2
  • 営業時間:9:00~17:00

なお、通販での取扱いはありませんでした。

OMIYA!で紹介している末広堂のお菓子一覧

ホワイトうさぎ 中身写真

OMIYA!では、末広堂のお菓子をほかにも紹介しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名末広堂 憩菊の露
内容量6個入り
製造者(株)末広堂
製造者住所石川県金沢市兼六元町11-2
原材料砂糖小豆餅粉(国産)水飴加工澱粉トレハロース乳化剤(原材料の一部に乳成分を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限*記事中に賞味期限の目安を書いていますので参考にしてください
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください
箱の大きさ横 11cm × 奥行き 16.5cm × 高さ 3.8cm
名産地石川県金沢
販売場所金沢駅
おみやげの種類生菓子和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。