「宇宙のまち」大樹産 スペースチーズ

スペースチーズの外装
スペースチーズの外装スペースチーズの中身スペースチーズの中身(拡大)

「宇宙のまち」大樹産 スペースチーズとは?

「スペースチーズ」は、約30年前から「宇宙のまちづくり」に取り組む大樹町のお菓子です。

大樹町は十勝地方の南に位置する町。立地や気象条件が良いことから、JAXAの実験や民間企業によるロケット発射実験が行われています。

最近では、堀江貴文さんが出資するベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」のロケット打ち上げで話題にもなりましたね。

「宇宙のまち」からご当地宇宙食として誕生したのが「スペースチーズ」。北海道産生乳100%のさけるチーズをみそ漬けにし、宇宙食と同じようにフリーズドライ加工したものなんだそう。

1箱に3種類の味(プレーン、スモーク、ほたて風味)が入っており、食べ比べやスナック感覚で口にすることができるお菓子です。牛乳のタンクのようなロケットの形の箱もユニーク。

大樹町にある道の駅「コスモール大樹」で購入することができますよ。
1箱に3種類入っており、950円です。

「宇宙のまち」大樹産 スペースチーズを食べてみての感想

大樹町にある道の駅「コスモール大樹」で手に取った一品。

牧場のサイロとも、ミルクを入れるタンクともとれる絵が描かれている箱はなんとロケット型。宇宙のまちづくりを掲げる大樹町らしいお菓子ですね。

箱を開けると、3種類のみそ漬けチーズが入っていました。フリーズドライ加工されているので、ポリポリとスナック感覚で食べやすい。お菓子にもおつまみにもぴったりな味。

プレーン味は、チーズの濃厚なコクと旨みを感じます。スモーク味は、いぶされたチップの味が香りが口の中に広がり、ほたて風味は、魚介類の旨みをしっかりと感じます。

3種類の食べ比べができるのもいいですね。

スナック感覚で食べられるお菓子ですが、味はしっかりと北海道の美味しいチーズの旨みを感じます。子どもでも食べやすい味なので、宇宙食のおみやげといえば子どもにも喜ばれそう。

道の駅には、ガチャガチャのカプセル型のスモークチーズも販売されていましたよ。1回300円でどの味がでるかはお楽しみ。

ご当地宇宙食、大樹町を訪れたときのおみやげにぴったりの一品ですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名「宇宙のまち」大樹産 スペースチーズ
内容量100g以内
製造者株式会社たむらや 北海道大樹工場
製造者住所北海道広尾郡大樹町浜大樹67-55
原材料ナチュラルチーズ(生乳、食塩、調味料、乳酸)、みそ、糖類(ブドウ糖、オリゴ糖)、米発酵調味液(アミノ酸等)、酢酸(Na)pH調整剤唐辛子抽出物、ホップ(原材料の一部に小麦、大豆、りんごを含む)、香料くん液発酵調味料しょうゆりんご酢酵母エキス
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約4ヶ月間
保存方法直射日光、高温多湿を避け常温で保管
箱の大きさ横 12.4cm × 奥行き 21.6cm × 高さ 5.0cm
名産地北海道
販売場所コスモール大樹
おみやげの種類スナック菓子干し菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。