スープストックトーキョー とうもろこしとさつま芋の冷たいスープ

スープストックトーキョーとうもろこしとさつま芋の冷たいスープ外装写真
スープストックトーキョーとうもろこしとさつま芋の冷たいスープ外装写真スープストックトーキョーとうもろこしとさつま芋の冷たいスープ開封写真スープストックトーキョーとうもろこしとさつま芋の冷たいスープ中身写真

スープストックトーキョー とうもろこしとさつま芋の冷たいスープ

「とうもろこしとさつま芋の冷たいスープ」は、Soup StockTokyo(スープストックトーキョー)が手がける冷製スープ。

北海道産のスイートコーンと国産の紅あずまを使用した、甘みのあるスープです。

スープストックトーキョーとは

スープストックトーキョーは食べるスープ専門店。

首都圏を中心に女性に人気の高く、旬の野菜や新鮮な素材を組み合わせて、メインディッシュとして食べられる様々なテイストのスープが食べられるお店として有名です。

とうもろこしとさつま芋の冷たいスープの価格・購入場所

価格は、1人前180g入りで525円(税込)。

取り扱っているスープは時期や店舗によって違います。お近くの店舗を探すなら、こちらをご覧ください。

ちなみに、私は公式オンラインショップで購入しましたよ。

カロリーなどの栄養成分表示(1袋180g当たり)

  • エネルギー:178kcal
  • たんぱく質:5.9g
  • 脂質:11.2g
  • 炭水化物:13.5g
  • 食塩相当量:0.8g

※この表示値は目安です。

スープストックトーキョー とうもろこしとさつま芋の冷たいスープ原材料の原産地

  • コーンペースト:日本産スイートコーン使用
  • さつま芋:日本
  • ソテーオニオン:アメリカ、ニュージーランド等他玉葱使用
  • フランボワーズパウダー:ポーランド産フランボワーズ使用

スープストックトーキョー とうもろこしとさつま芋の冷たいスープの食べ方

とうもろこしとさつま芋の冷たいスープを食べるときは、まず凍ったまま、開封せずに袋ごと沸騰したお湯で5分間湯せんします。

そのあと、袋をお湯から取り出して、スープ全体が均一に馴染むようによく振りましょう。

袋のまますぐに氷水などに移して、十分に冷やせば食べられます。

スープストックトーキョー とうもろこしとさつま芋の冷たいスープを食べた感想

食べてみると、とてもクリーミーでなめらかなのですが、よく味わってみるとザラザラとした、とうもろこしやさつま芋の食感も少し残っていました。

ややとろみはあるものの、全体的にサラッとしていて、あっさりした飲み口。
どちらかというと、とうもろこしの味の方が濃く、さつま芋の味はほんのりと感じられる程度です。

砂糖は使われておらず、とうもろこしとさつま芋の素材そのもの甘みが堪能できるスープ。

冷たいスープですが、ぬるくても、温かくてもおいしくて、ゴクゴクと一気に飲みほせてしまうほど。
ついついリピートしたくなる一品です。

おすすめの食べ方

とうもろこしとさつま芋の冷たいスープは、ハンバーグやステーキなど洋風の料理によく合うスープ。

フランスパンなどハード系のパンとも相性がいいので、朝食に食べるのもいいでしょう。

湯せんして5分で完成という手軽さは、一人暮らしの方にもぴったり。

スープストックトーキョーのスープはどれもおいしくて、「もらって嬉しい」と思える商品の一つなので、手土産やプレゼント候補を探している方にぜひおすすめです。

スープストックトーキョーの商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名スープストックトーキョー とうもろこしとさつま芋の冷たいスープ
内容量101〜200g
販売者株式会社スープストックトーキョー
販売者住所東京都目黒区中目黒1-10-23シティホームズ中目黒203
製造者キスコフーズ株式会社清水工場
製造者住所静岡県静岡市清水区茂野島652-1
原材料牛乳、コーンペースト、さつま芋生クリーム、ソテーオニオン、食塩澱粉香辛料(一部に乳成分・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1年
保存方法-18℃以下で保存してください
箱の大きさ横 14.0cm × 奥行き 1.0cm × 高さ 16.0cm
名産地東京都
おみやげの種類スープ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。