匠壽庵最中

匠壽庵最中 外装
匠壽庵最中 外装匠壽庵最中 開封した写真匠壽庵最中 中身の写真

匠壽庵最中とは?

昭和33年、滋賀で創業した叶 匠壽庵。
全国各地の百貨店にお店があるので、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、最高級の小豆を使った「匠壽庵最中」です。

滋賀の瀬田川にかかる橋「唐橋」。

この橋を220年間守り続けた近江・膳所(ぜぜ)藩「本多家」に敬意を表して作られた最中です。

瀬田の唐橋は、琵琶湖から注ぎ出る唯一の川「瀬田川」にかかる橋で、日本三名橋の一つとして有名。

その歴史は非常に古く、西暦200年あたりにはすでに存在したともいわれています。

瀬田川を渡ると京はすぐそこ。
唐橋は京都防衛の重要な場所として位置づけられており、様々な歴史上の事件の舞台ともなった場所なんです。

さて、話を「匠壽庵最中」に戻しましょう。

この最中の大きな特徴は、大きな葵の紋。

なぜ葵の紋なのか?
その理由は小豆にあるのです。

「匠壽庵最中」に使われている小豆は丹波大納言の中でも、春日地域で生産される特別な「春日大納言」。

最高級品として古くは朝廷や幕府に献上されていました。

徳川幕府に献上されていた最高級の「春日大納言」を使っているので、最中には葵の紋があしらわれていたんですね。

「春日大納言」は叶 匠壽庵を代表する銘菓「あも」にも使われているんですよ。

参考:あも

香ばしい最中種(最中の皮)には、大粒の春日大納言が職人さんの手によって丁寧に詰められています。

ゴロゴロとした大粒の春日大納言は、小豆好きにはたまらないおいしさのはず。

基本的には受注生産のため、店頭ですぐに購入することはできません。

ただし、叶 匠壽庵の本社がある「寿長生(すない)の郷」では、毎日生産しているので店頭に並んだ「匠壽庵最中」をすぐに購入できます。

  • 1個:324円

匠壽庵最中を食べた感想

「叶匠壽庵」と金の文字で書かれた包み紙の中には、葵の紋があしらわれた最中。

ずっしりと重たく、そして堂々とした葵の紋は威厳すら感じさせます。

手触りのいい最中種は香ばしい香りがしておいしそうです。

しっとりとした香ばしい皮の中には、たっぷりの粒あんが入っています。

この餡は叶 匠壽庵こだわりの「丹波春日大納言小豆」。

粒あんの中には小豆の粒ごゴロゴロ入っています。小豆の味はもちろん、食感でもおいしさを実感できますよ。

小豆の粒があまり入っていない粒あんとは違い、この粒あんは小豆の粒がメイン。
ほくほくとした小豆の食感がたまりません。

ほどよい甘さの小豆と最中種の相性もとてもよくておいしいです。

小豆好きにはぜひとも食べていただきたい。そんな最中です。

匠壽庵最中が買える場所

匠壽庵最中は、叶 匠壽庵の各店舗で購入できます。

ただし受注生産の商品のため、事前に注文が必要となりますのでご注意ください。

なお、叶 匠壽庵の本社がある「寿長生の郷」では店頭に並んでいるものがすぐに購入可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名匠壽庵最中
内容量1個入り
製造者株式会社 叶 匠壽庵
製造者住所滋賀県大津市大石龍門4丁目2番1号
原材料砂糖小豆、最中種(糯米)、水飴寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日
保存方法直射日光、高温多湿を避け保存してください。
箱の大きさ横 8.6(3個入り)cm × 奥行き 20.6(3個入り)cm × 高さ 4.7(3個入り)cm
名産地滋賀県大津
販売場所大丸芦屋店大丸福岡天神店大丸東京店遠鉄百貨店藤崎本店福屋八丁堀本店グランデュオ蒲田博多阪急川西阪急西宮阪急堺北花田阪急千里阪急宝塚阪急都筑阪急阪急うめだ本店伊勢丹府中店伊勢丹松戸店伊勢丹新宿本店伊勢丹浦和店岩田屋本店京王百貨店新宿店あべのハルカス近鉄本店近鉄百貨店奈良店近鉄百貨店上本町店近鉄百貨店四日市店松屋銀座松坂屋名古屋店松坂屋静岡店松坂屋豊田店名鉄百貨店本店札幌三越仙台三越小田急百貨店町田店西武池袋本店西武大津店西武所沢店そごう千葉店そごう川口店そごう神戸店高島屋岐阜店いよてつ高島屋髙島屋柏店髙島屋港南台店髙島屋京都店ジェイアール名古屋タカシマヤ髙島屋日本橋店髙島屋岡山店髙島屋大宮店高島屋大阪店髙島屋堺店髙島屋泉北店高島屋新宿店髙島屋立川店高島屋高崎店髙島屋玉川店髙島屋横浜店東武百貨店船橋店東武百貨店池袋店東急百貨店吉祥寺店東急百貨店渋谷本店鶴屋百貨店ヤマトヤシキ姫路店
おみやげの種類最中
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。