白松がモナカ本舗 モナカ大納言

白松がモナカ本舗 モナカ大納言外装
白松がモナカ本舗 モナカ大納言外装白松がモナカ本舗 モナカ大納言開封後白松がモナカ本舗 モナカ大納言中身

白松がモナカ本舗 モナカ大納言とは

白松がモナカは、宮城県民なら知らない人はいないというぐらい有名なお菓子。
秋田県民の私でさえ、県内でしょっちゅう看板を見かけるため、名前だけは小さい頃から知っていたほどです。

白松がモナカ本舗は、昭和7年に「白松菓子店」として創業。
当時は不況で経営に苦労したため、素材を厳選しモナカを高級和菓子として売り出すことを思いつき、みごとに成功を納めました。

ところで、白松「の」ではなくなぜ白松「が」なのか?と引っかかる人も多いのではないでしょうか?
「白松が〜」は、古語で言うところの「白松の〜」と同じ意味なんです。「おらが村」などと一緒ですね。

白松は創業者の名字なので、意味としては「白松のモナカ」ということになります。

白松がモナカのサイズは、ミニ・小型・中型・大型の4つ。
味は小豆(大納言)・胡麻・栗・大福豆(白あん)がありますよ。

白松がモナカ本舗 モナカ大納言を食べてみて

初めて食べる白松がモナカ。まずは定番の大納言から食べてみます。
小型モナカの直径は6cmほどで、大判焼き(今川焼き)ぐらいの大きさ。

やわらかいモナカ皮の、倍量ぐらいのあんがたっぷりとつまっています。
つぶあんなので、豆の存在感も十分に味わえますね。

厳選された材料で作られた、シンプルで優しい味わい。
素材選びからこだわりぬいた確かな味が、長年愛される人気の理由なんですね。

白松がモナカ本舗 モナカ大納言の種類と値段

  • 小型/6個入り(胡麻・小豆):712円
  • 小型/6個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):712円
  • 小型/9個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):1,193円
  • 小型/10個入り(胡麻・小豆):1,188円
  • 小型/30個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):3,805円
  • 中型/6個入り(胡麻・小豆):991円
  • 中型/6個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):991円
  • 中型/8個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):1,440円
  • 中型/10個入り(大福豆):1,652円
  • 中型/12個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):2,261円
  • 中型/18個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):3,544円
  • 中型/24個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):4,573円
  • 中型/30個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):5,349円
  • ミニ/20個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):1,188円
  • ミニ/30個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):1,902円
  • ミニ/48個入り詰め合わせ(胡麻・小豆・栗・大福豆):3,086円

白松がモナカ本舗 モナカ大納言が買える場所

白松がモナカは、宮城県内に13店舗、福島県と北海道にそれぞれ1店舗を展開しています。
仙台駅ビルのエスパルや、仙台空港でも購入することができますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名白松がモナカ本舗 モナカ大納言
内容量6個入り8個入り9個入り10個入り12個入り18個入り20個入り24個入り30個入り48個入り
製造者(株)白松がモナカ本舗 MS
製造者住所宮城県仙台市青葉区大町2-8-23
原材料砂糖食塩寒天もち米小豆
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法直射日光・高温多湿を避けて下さい
箱の大きさ横 6.3cm × 奥行き 19.4cm × 高さ 6.5cm
名産地宮城県
販売場所仙台空港福島駅仙台駅おおさと
おみやげの種類最中
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。