文銭堂本舗 新虎焼(小豆)

新虎焼小豆 外箱
新虎焼小豆 外箱新虎焼小豆 開封新虎焼小豆 中身
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名文銭堂本舗 新虎焼(小豆)
内容量2個入り
製造者文銭堂本舗
製造者住所東京都港区新橋3-6-14
原材料砂糖、小豆、小麦粉、卵、牛乳、酒、トレハロース、油脂、蜂蜜、水飴、みりん、寒天、膨張剤、食塩
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限文銭堂 新虎焼(小豆)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温で保存
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 12cm × 高さ 4.5cm
名産地東京都新橋
おみやげの種類どら焼き和菓子
価格帯1,000円以内

文銭堂本舗 新虎焼(小豆)とは

文銭堂本舗は昭和23年創業の和菓子屋さん。

文銭堂は新橋に本店を構えていることもあり、サラリーマンが会社用のお菓子やおもたせとして買っていくことも多いそうです。

今回紹介するのは、新橋虎の門通りの開通を記念し作られた商品という新虎焼。

こちらは定番の小豆味ですが、季節によって中のあんこの種類が変わり、全部で20種類ほどありますよ。

ココナッツやショコラ、文旦など変わり種もあるので、季節ごとに買いに行くのが楽しみです。

日持ちは14日間なのでお土産にもぴったり。

今回は最小サイズの2個入りにしましたが、きちんと掛け紙をかけてくださいました。

好きな個数で詰めてくださるので、用途に応じて使い分けできます。

参考:新虎焼(抹茶)の記事はこちら。

文銭堂本舗 新虎焼(小豆)を食べてみて

新虎焼の最大の特徴はしましま模様の生地。

模様はもちろんなのですが、優しいふんわり感がありつつ、蜂蜜のしっとり感、中のあんこと相性抜群のフィット感。

そんな皮に包まれているのが北海道産の小豆を使ったあんこ。

丁寧に炊かれたあんこは甘すぎず、ホクホク感が残ります。

あたたかいお茶やコーヒーとも相性抜群。

シンプルが故に素材の美味しさ、職人技の光るどら焼きです。