四万十茶楽々 一番茶ワッフル

四万十茶楽々一番茶ワッフル 外装
四万十茶楽々一番茶ワッフル 外装四万十茶楽々一番茶ワッフル 開封写真四万十茶楽々一番茶ワッフル 中身の写真

四万十茶楽々 一番茶ワッフルとは?

四万十茶楽々一番茶ワッフル 外装

「四万十茶楽々 一番茶ワッフル」は、土佐の三大銘茶の1つの「かぶせ茶」を使用したお菓子です。

かぶせ茶は茶葉に布などで覆い、1週間ほど日光を遮って新芽を育てる栽培方法をします。そのことによって、お茶特有の渋みが少なく、旨味が多い味になります。

しかも贅沢に一番茶を使用しているんですよ。一番茶は、その年の一番最初の新芽で使ったお茶のことで、一年で最も品質の高いお茶です。

四万十川源流がある津野山で作られたお茶を使っていることから、パッケージには四万十川と沈下橋が描かれています。

四万十茶楽々 一番茶ワッフルを食べた感想

四万十茶楽々一番茶ワッフル 中身の写真

5cmほどの小ぶりのワッフルです。抹茶を練り込んでいて、深緑色をしています。

ワッフルだと表面がカリっとしたタイプもありますが、「四万十茶楽々 一番茶ワッフル」はふわふわした食感です。

口に入れるととにかく、お茶の香りが口に広がります。抹茶特有のほろ苦い味はしないで、お茶の甘い味がしっかりします。

かぶせ茶の一番茶と言うこだわりのあるお茶を使用しているからですね。

マーガリンやアーモンドプードルなどで味のコクもしっかりあります。

紅茶やコーヒーのお供にも、緑茶と一緒にいただいても美味しかったですよ。

四万十茶楽々 一番茶ワッフルの個数・価格

  • 6個入り:650円
  • 10個入り:1080円

▼6個入り

四万十茶楽々一番茶ワッフル 開封写真

四万十茶楽々 一番茶ワッフルの購入場所

高知県須崎市の道の駅「かわうその里すさき」で購入しました。

OMIYA!で紹介している四万十茶楽々のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名四万十茶楽々 一番茶ワッフル
内容量6個
販売者株式会社はりま家 MSK
販売者住所高知県高知市桟橋通4丁目8-21
原材料(一部に乳成分・小麦・卵・大豆を含む)鶏卵小麦粉砂糖マーガリン水飴ショートニングアーモンドプードル、粉末茶(高知県かぶせ茶)、食用植物油脂、植物性たん白(小麦)、コーンシロップ乳脂肪食塩/トレハロース乳化剤香料カゼインNa膨張剤、安定剤(大豆多糖類)、酸化防止剤(トコフェロール)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年6月28日 賞味期限:2018年9月2日
保存方法直射日光、高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 15.5cm × 高さ 5.5cm
名産地高知県
販売場所かわうその里すさき
おみやげの種類ワッフル焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。