四万十茶楽々 一番茶ポルボローネ

お茶 外装写真
お茶 外装写真ポルボローネ 開封した写真四万十茶ポルボローネ 中身の写真

四万十茶楽々 一番茶ポルボローネについて

高知県は、全国でも有数の隠れたお茶の名産地です。

こちらの四万十茶ポルボローネは、四万十川の源流に位置する津野山で採れた「かぶせ茶」の一番茶を使用したお菓子。

お茶として飲んでも最高級の一番茶のみを、たっぷりと贅沢に使いました。

お茶の産地津野町は、きれいな水と澄んだ空気、昼夜の温度差が激しく、美味しいお茶が育まれるのに最適な土地なんだとか。

そのため、風味豊かで味わい深く甘味が強いお茶ができるそうですよ。

ポルボローネは、口の中でほろほろとほどける食感が特徴のクッキーです。

生地に一番茶を練り込んだことで、口の中でふわっと味わい深いお茶の香りが広がります。

四万十茶楽々 一番茶ポルボローネを食べてみた感想

コロコロとした1口サイズのポルボローネ。
生地のなかにもお茶が練り込んであるので、モスグリーンの大人っぽいオシャレな色をしています。

たっぷりとしたバターの贅沢な香りに、かすかに香るお茶の風味。
香りから一番茶の深みが感じられますよ。

ホロホロとした口溶けは軽く、生地が口の中でほどけていくようです。

初めにバターの芳醇な味わい、そして塩、最後に一番茶のほんのりとした苦みが残ります。

この味の移り変わり、コントラストが飽きさせません。

甘味は抑えめ。
抹茶ともほうじ茶とも違う、一番茶の深い熟成された味わいが存分に味わえるクッキーですよ。

一番茶ポルボローネの内容量・保存方法・価格について

一番茶ポルボローネの内容量は、110g。
55g入りのクッキーが2袋入っています。

一番茶ポルボローネ 内容量

1袋に入っているクッキーの数は、約20個でした。

こちらのポルボローネは常温保存できます。2袋入りなので保存にも便利ですね。
あまり湿度の高い室内に置くと、クッキーの表面が湿り気をおびてしまいますのでご注意ください。

価格は1箱980円(税込)です。

一番茶ポルボローネの購入場所について

四万十楽々 一番茶ポルボローネは、高知県四万十市にある道の駅「あぐり窪川」で購入しました。

あぐり窪川は他にも四万十楽々のおみやげを数多く販売していますよ。

高知特産品ネット「とさまる」でネット販売も行っています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名四万十茶楽々 一番茶ポルボローネ
内容量101〜200g
販売者株式会社はりま家
販売者住所高知県高知市桟橋通4-8-21
原材料小麦粉、乳又は乳製品を主原料とする食品(バター、植物油脂、砂糖)、砂糖(和三盆、上白糖)、でん粉、アーモンドパウダー、鶏卵、抹茶、粉末緑茶(高知県津野町産)、食塩、香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限100日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 16cm × 奥行き 15cm × 高さ 4.2cm
名産地高知県四万十
販売場所あぐり窪川
おみやげの種類クッキーお菓子洋菓子
価格帯1,000円以内