四万十茶楽々 一番茶チョコクランチ

四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 外装写真
四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 外装写真四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 開封写真四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 中身の写真

四万十茶楽々 一番茶チョコクランチとは?

四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 外装写真

四万十茶楽々は、高知県四万十川の源流がある津野山で作られた「かぶせ茶」を使用したお菓子です。

かぶせ茶は、茶葉に布などで覆い、1週間ほど日光を遮って栽培します。

日光にあてないで新芽を育てることによって、茶葉の緑色が濃くなり、渋みが少なく、旨味が多い味になります。

しかも、一番茶を使用しているのが特徴です。一番茶は、その年の一番最初の新芽で使ったお茶のことで、一年で最も品質の高いお茶です。

旨味成分の「テアニン」が二番茶、三番茶に比べて多く、さらに甘み成分が多いので、一般的には飲用で使われることがほとんどだそうです。

「四万十茶楽々 一番茶チョコクランチ」は、名前の通り一番茶を贅沢に使ったチョコクランチです。

四万十茶楽々 一番茶チョコクランチを食べた感想

四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 中身の写真

半球体の形の下半分がチョコレートで上半分が薄い緑色のホワイトチョコレートの色をしています。

使用しているお茶が作られた津野山の茶畑をイメージしているんだとか。

クランチは、軽くてサクサク食べられます。

食べてみると、チョコの味で、お茶の味や香りがあまり感じられません。

かぶせ茶の一番茶を使用しているので、苦味が少なく、旨味と甘みが多いので、チョコの甘みに負けてしまっているのかもしれません。

お茶の苦味が苦手な人やお子様などにオススメです。

四万十茶楽々 一番茶チョコクランチの個数・価格

四万十茶楽々一番茶チョコクランチ 開封写真

10個入り650円です。

四万十茶楽々 一番茶チョコクランチの販売店情報

高知県須崎市の道の駅「かわうその里すさき」で購入しました。

OMIYA!で紹介している四万十茶楽々のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名四万十茶楽々 一番茶チョコクランチ
内容量10個入り
販売者株式会社はりま家HHH
販売者住所高知県高知市桟橋通4丁目8-21
原材料(原材料の一部に大豆を含む)砂糖植物油脂小麦粉ココアパウダー全粉乳ワキシスターチ鶏卵コーンスターチ脱脂粉乳ココアバター緑茶アーモンド乳化剤膨張剤香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年6月28日 賞味期限:2018年11月20日
保存方法直射日光、高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 13cm × 奥行き 13cm × 高さ 9cm
名産地高知県
販売場所かわうその里すさき
おみやげの種類チョコレート洋菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。