四万十のえび焼せんべい

四万十のえび焼せんべい 外装
四万十のえび焼せんべい 外装四万十のえび焼せんべい 開封した写真四万十のえび焼せんべい 中身の写真

四万十のえび焼せんべいとは

四万十のえび焼せんべいは創業明治37年(1904年)、110年以上続くはりま家が販売するお菓子。

四万十川でとれた手長えびを使用した、えびの風味たっぷりのおせんべいです。

「えびせんべい」と聞くと「似たようなものがどこにでもあるよね」と思ってしまいませんか。

四万十のえび焼せんべいがほかのえびせんべいと違うところはその作り方にあります。

一度焼きあがったおせんべいを細かく砕き、再度固めているため、独特のサクサクとした軽い食感に仕上がっていますよ。

18枚入りで648円(税込み)、30枚入りが1080円(税込み)とお値段もお手頃なので、会社で配るのにもピッタリ。

えびをイメージした真っ赤な包装がお土産売り場で目にとまりやすいですね。

四万十のえび焼せんべい食べた感想

封を開けるとふわりとえびの香りがします。

食べてみると軽い食感にびっくり。

サクサクと軽い歯ごたえ。口の中で広がる海老の風味。

焼いたおせんべいを砕いて再び固めているので、小さなつぶつぶの集まりになっています。
それが軽いサクサク感を生み出しているのでしょう。

いろいろなえびせんべいを食べたことがありますが、この食感のえびせんべいは初めてです。

醤油の風味とえびの風味が見事に絡み合い、ついつい手が伸びてしまうおいしさ。食べる手を止めるのが大変でした。

「日本最後の清流」とも言われる四万十川産のえびを使っているので、高知らしい手頃なお土産として喜ばれると思います。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名四万十のえび焼せんべい
内容量18個入り30個入り
製造者株式会社 はりま家
製造者住所高知県高知市桟橋通4丁目8-21
原材料卵白還元水飴小麦粉うるち米砂糖ショートニングでん粉えび粉末食塩、川えびすり身(四万十川産)、調味料(アミノ酸等)膨張剤乳化剤着色料(ウコン、赤102)(原料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約6ヵ月
保存方法直射日光や高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 18.0cm × 奥行き 22.0cm × 高さ 4.8cm
名産地高知県
販売場所高知空港JR高知駅ひろめ市場
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。