玉乃舎 島原かんざらし

島原かんざらし(全体)
島原かんざらし(全体)島原かんざらしの中身島原かんざらし中身(拡大)

玉乃舎 島原かんざらしとは?

長崎県は島原市に昔から伝わる郷土料理の1つ「かんざらし」。
かんざらしは、「きざら(中双糖)」と「はちみつ」を混ぜたシロップに、白玉だんごが入った夏の冷菓です。

島原は水の町としても有名です。
街中の至る所に水路があり、綺麗な水が流れています。

ミネラルを含んだ水を使って作られるかんざらしは、暑い夏の冷たい手軽なデザートにぴったり。
島原を訪れると、あちこちのお店でかんざらしを頂くことができます。

場所によっては「かんざらしづくり」体験もでき、自分で作った出来たてのかんざらしを食べることもできます。

紹介するおみやげ「島原かんざらし」は、白玉とみつがセットになっているお菓子です。
常温で持ち歩くことができるので、お土産にもぴったりですよ。

可愛い見た目と、素朴な郷土料理の冷菓。

ふるさとの味を簡単に楽しめることができるのも嬉しいポイントですね。

玉乃舎 島原かんざらしを食べてみての感想

同封されていた「美味しい食べ方」の説明を見てかんざらしをつくりました。

みつは冷蔵庫で冷やしておきます。
だんごは電子レンジで15~30秒ほど温めて、流水で冷ましてから器に移し替えます。
冷たく、ほんのりと飴色のみつを団子にかけていただきます。

団子とみつを皿に移し替えるだけですが、ちょっとした作る楽しさも味わえますよ。

団子はモチモチとした食感で優しい味。
蜜はほんのりとした甘さで素朴な団子にぴったり。冷やしておいたので、ひんやりとした美味しさも加わります。甘さ控えめの蜜は、思わず最後まで飲み干してしまうような美味しさ。

島原市を訪れたときにお店でかんざらしをいただき、かんざらし作り体験もして、お土産にかんざらしを買って家でも頂いて。お土産のかんざらしもお店や体験で食べたかんざらしと遜色ない美味しさでした。

歴史があり、水の町島原の風景が目の前に浮かび上がるようなお土産です。

ピンク色も混ざった小さな白玉は見た目にもかわいらしく上品で、お土産にも喜ばれそうですね。

玉乃舎 島原かんざらしの価格と種類

玉乃舎の島原かんざらしの種類と価格です。

紹介している袋入りの1食分入りの他に、箱入りの1個入り、3個入り、6個入りもあります。

  • 1個入り(袋入り):440円
  • 1個入り(箱入り):550円
  • 3個入り(箱入り):1,620円
  • 6個入り(箱入り):3,240円

箱入りのものはカップとスプーン付きです。ちょっとした贈り物などにもぴったりですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名玉乃舎 島原かんざらし
内容量1個入り3個入り6個入り
製造者(株)玉乃舎
製造者住所長崎県島原市稗田町甲310-1
原材料砂糖麦芽糖トレハロース餅粉蜂蜜果糖ぶどう糖液糖グルコマンナンペースト、ゲル化剤(デキストリン、増粘多糖類)、着色料(食用赤色3号)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2週間
保存方法直射日光・高温多湿を避け、涼しいところで保存してください。
箱の大きさ横 13.0cm × 奥行き 2cm × 高さ 23.5cm
名産地長崎県島原
おみやげの種類お団子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。