紫月庵 あん入り上塩釜

紫月庵 あん入り上塩釜外装
紫月庵 あん入り上塩釜外装紫月庵 あん入り上塩釜開封後紫月庵 あん入り上塩釜中身

紫月庵 あん入り上塩釜とは

あん入り上塩釜は、福島県伊達郡川俣町のお土産。

川俣町にはいくつか「塩釜」を販売するお店があり、こちらは紫月庵(しげつあん)のものです。

塩釜(しおがま)とは

塩釜(しおがま)は、もち米に砂糖や紫蘇を混ぜ込んで型に入れ、固めた干菓子のこと。

宮城県塩釜市の名物・発祥であることから、この名前がつけられました。

古くは奈良時代の日本書紀にも記載があるほど、歴史のあるお菓子ですよ。

紫月庵 あん入り上塩釜は個包装&あん入りタイプ

紫月庵 あん入り上塩釜開封後

一般的に、塩釜は厚みのある板状で、切れ目に沿ってカットして食べるタイプが多いです。

一方、紫月庵のあん入り上塩釜は一切れずつの個包装タイプ。
バラでのお土産としても渡しやすいですね。

中にこしあんが入っているのも大きな特徴です。

紫月庵 あん入り上塩釜を食べてみた感想

紫月庵 あん入り上塩釜中身

お菓子は約3.5cm×5cmの大きさ。
厚みは3cmほどあり、ひと口というにはかなり大ぶりのサイズ感です。

見た目に黒い粒つぶが見えているのは、ゆかり(しその葉)ですよ。

手にもつと固さがあるのですが、実際に噛んでみると、ほろほろと崩れるような歯ごたえ。
舌にはざらっとした粒を感じます。

生地そのものは甘いものの、たっぷりと入ったゆかりの塩気と香りがアクセントになっていますね。

真ん中に入ったこしあんはなめらかで、甘さが強め。
塩釜自体が乾燥しているため、ややのどが乾きますが、あんが全体を程よくまとめてくれます。

プレーンな塩釜もいいですが、あん入りはとくに食べやすいと思いますよ。

紫月庵 あん入り上塩釜が買える場所

あん入り上塩釜は、川俣町にある紫月庵の店舗や道の駅川俣で購入できます。

なお、道の駅川俣ではほかにも数種類の塩釜を取り扱っていますよ。

紫月庵 あん入り上塩釜の値段や賞味期限について

紫月庵 あん入り上塩釜は、9個入りで1,071円(税込)。

記載の日付から計算すると、賞味期限は約2週間です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名紫月庵 あん入り上塩釜
内容量9個入り
製造者紫月庵
製造者住所福島県伊達郡川俣町鶴沢字鍛冶内1-2
原材料こしあん上白糖もち米ゆかり食塩
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法高温多湿・直射日光を避けお早目にお召し上がり下さい。
名産地福島県
販売場所川俣
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。