千葉集 葉重

千葉集 葉重 外装
千葉集 葉重 外装千葉集 葉重 開封した写真千葉集 葉重 中身の写真

千葉集 葉重について

「葉重」は、最中種で特製クリームをはさんだお菓子。

クラッシュピーナッツとレーズン入りのクリームが入った葉重と、ブルーベリーの果実入りのクリームを使った葉重ブルーベリーといった、2種類の味を楽しむことができます。

こちらは、千葉ブランド銘菓創造委員会の四社共同開発のお菓子。

株式会社川島屋・株式会社木村屋・株式会社太陽社・ぴーなっつ最中で有名な米屋株式会社といった四社が作り上げたお菓子になっています。

千葉への想いを込めて誕生した風土菓ブランド『千葉集(せんようしゅう)』、第一弾のお菓子としても有名ですよ。

ちなみに、第二弾の『千葉のつきと星』というお菓子もなごみの米屋で取り扱っています。

葉重は、ひとつずつ個包装されているので、おみやげとして配りやすいのが嬉しいですね。

高級感を与えるパッケージに入っているため、贈答用にもおすすめですよ。

葉重、葉重ブルーベリーそれぞれ1種類の詰め合わせもありますが、贈り物には2種類の味を楽しめる詰め合わせがぴったりです。

千葉集 葉重を食べた感想

今回購入したのは、葉重が6個入ったもの。葉重と、葉重ブルーベリーがそれぞれ3個ずつ入っていました。

葉重は、ちょうど手のひらにおさまるほどのサイズ感。

落花生の形をした最中種で、それぞれのクリームをはさんでいますよ。

それぞれの味ごとに、食べてみた感想を見ていきましょう。

葉重

千葉集 葉重 アップ

オレンジ色の袋に入っているのが、葉重。

クラッシュピーナッツとレーズン入りのクリームがはさまったお菓子です。

ひとくち食べると、落花生の風味がぶわっと口いっぱいに広がりますよ。

レーズンが入っているので、ほど良い酸味がアクセントに。

落花生だけではしつこくなってしまう部分を、レーズンが上手くカバーしていますね。

葉重ブルーベリー

千葉集 葉重ブルーベリー アップ

紫色の袋に入っているのが、葉重ブルーベリーです。

中にはさまっているクリームは、ブルーベリーの果実入り。

最中種の香ばしさが、ブルーベリークリームの甘酸っぱさをより引き立ててくれます。サクサクッと食べやすい味わいでしたよ。

葉重と葉重ブルーベリー、どちらも交互に味わいたくなるようなおいしさでした。

クリーム次第で、全く味わいが異なるのが面白いですね。

葉重はバラ売りもしているので、味が気になる方はぜひ食べ比べてみてください。

千葉集 葉重の価格

  • 1個入り 153円
  • 6個入り 1,047円
  • 9個入り 1,524円

千葉集 葉重を買える場所

  • なごみの米屋 總本店
  • なごみの米屋 飯田町店
  • なごみの米屋 勝田台店
  • なごみの米屋 八千代緑が丘店
  • なごみの米屋 若松町店
  • なごみの米屋 おゆみ野店
  • なごみの米屋 富里店
  • なごみの米屋 うすい店
  • なごみの米屋 しいの木台店
  • なごみの米屋 桜台店
  • なごみの米屋 柏大山台店
  • なごみの米屋 柏光ヶ丘店
  • なごみの米屋 JR成田駅前店
  • そごう千葉店
  • 東武百貨店船橋店

ほか、なごみの米屋オンラインショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名千葉集 葉重
内容量1個入り6個入り9個入り
製造者米屋株式会社
製造者住所千葉県成田市上町500番地
原材料葉重:チョコレートスプレッドB(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、その他)、プレート(餅米、砂糖、その他)、落花生、レーズン、トレハロース、乳化剤、香料、(原材料の一部に乳成分、落花生、大豆を含む)、葉重ブルーベリー:チョコレートスプレッドB(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、その他)、プレート(餅米、砂糖、その他)、ドライブルーベリー(ローズベリー、異性化液糖、その他)、トレハロース、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部に乳成分、落花生、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限4週間ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 22.0cm × 奥行き 14.5cm × 高さ 4.0cm
名産地千葉県
販売場所JR成田駅そごう千葉店東武百貨店船橋店
おみやげの種類最中和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。