仙太郎 老玉(うばたま)

仙太郎 老玉 外装
仙太郎 老玉 外装仙太郎 老玉 中身全体仙太郎 老玉 中身
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名仙太郎 老玉(うばたま)
内容量9個入り15個入り
製造者株式会社仙太郎
製造者住所京都府南丹市八木町神吉向尾17−21
原材料氷砂糖、小豆、黒糖、糸寒天、白胡麻、水飴
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日ほど
保存方法要冷蔵10℃以下で保存して下さい。
箱の大きさ横 10.6cm × 奥行き 10.8cm × 高さ 3.7cm
名産地京都府
販売場所大丸京都店阪急うめだ本店ジェイアール京都伊勢丹伊勢丹新宿本店あべのハルカス近鉄本店神戸阪急松坂屋名古屋店銀座三越髙島屋京都店ジェイアール名古屋タカシマヤ高島屋大阪店髙島屋横浜店東武百貨店池袋店東急百貨店東横店あべのハルカス
おみやげの種類和生菓子
価格帯1,000円以内

老玉(うばたま)とは

こし餡を丸めたものを沖縄産の黒糖でコーティングしたお菓子、老玉。

この名前は、桧扇(ひおうぎ)というアヤメ科の植物に由来するとのこと。

桧扇の花は黒くて丸い実をつけるのですが、その実のことを「ぬばだま」を呼びます。

このぬばだまがカラスの羽の色に似た漆黒であるため「烏羽玉(うばたま)」とも呼ばれるようになったそう。

そこから派生して名付けられたのが、こちらの老玉なんですね。

現在作られている老玉の上に乗っているのは白胡麻ですが、以前はケシの実を使用していたそうです。

しかし、ケシの実が日本国内で栽培禁止になったために白胡麻へ移行したんだとか。

なお、老玉は要冷蔵商品のため、10℃以下での保管が必要です。

店舗で購入すると保冷剤をつけてくれますよ。

*OMIYA!では他の「烏羽玉」についての記事もあります。

(参考:「烏羽玉」の記事はこちら)

老玉(うばたま)を食べた感想

老玉には竹楊枝が1本付属しているので、手を汚さずに食べられる助かります。

蓋を開けてみると、黒糖によって老玉が漆黒に輝いていますね。

食べてみると、黒糖とあんこ玉のバランスがとても絶妙。

こし餡の甘みを邪魔しない程度に黒糖が風味を利かせており、その全体的な仕上がりに感動しました。

あんこ玉を1個食べると結構お腹いっぱいになりますね。

賞味期限は3日間で一番小さいサイズでも9個入りなので、なるべく多人数でシェアしながら食べることをおすすめします。