仙台きなこおかき

仙台きなこおかきとは

仙台が誇る銘菓”萩の月”のメーカーである株式会社菓匠三全とJR東日本がコラボレーションして作り上げた「仙台きなこシリーズ」

2011年に起きた東日本大震災の被災地を支援するために六次産業化の取組の一つとしてプロジェクトが進められていたのです。

その仙台きなこシリーズの1つが”仙台きなこおかき”です。

”仙台きなこおかき”に使われている大豆は宮城県産の大豆だけを使用しているこだわりようです。

この”仙台きなこおかき”は2016年3月から販売された新商品となっています。

仙台きなこおかきを食べてみた感想

”仙台きなこおかき”は食べきりサイズのパッケージです。イメージとしてはじゃがりこでしょうか。

一口食べてみると・・・
おかきの塩ときな粉の甘みが混ざり合った不思議な味を感じることが出来ます。

甘さと言っても黒蜜きな粉のような甘さはなくあっさりとした甘さです。

サクッとしたおかきの食感、塩、きな粉がブレンドされており口当たりもよく1パックを食べるのに時間はかかりません。

小分けになっていないので会社などで配るのではなく親しい方へのおみやげとしていいかもしれませんね。

2016年3月から販売開始となった新しい商品なのでまだ食べてない方も多いと思いますので新しいおみやげとしてぴったりです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名仙台きなこおかき
内容量100g以内
製造者株式会社菓匠三全e
製造者住所仙台市青葉区大町2-14-18
原材料きなこ(大豆)(遺伝子組み換えでない)、おかき(餅米(国産)、植物油、食塩)、粉糖(砂糖、小麦でん粉、植物油脂)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避け、保存して下さい。
箱の大きさ横 8.8cm × 奥行き 8.8cm × 高さ 9.6cm
名産地宮城県
販売場所仙台駅
おみやげの種類米菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。