澤田屋 飯坂ゆべし

澤田屋 飯坂ゆべし外装
澤田屋 飯坂ゆべし外装澤田屋 飯坂ゆべし開封後澤田屋 飯坂ゆべし中身

澤田屋 飯坂ゆべしとは

福島県福島市の北部にある、飯坂温泉街。
東北地方有数の古い温泉で、1689年に松尾芭蕉が奥の細道の途中で立ち寄った場所でもあります。

澤田屋は、飯坂温泉で昔ながらのお菓子を作り続けるお店です。
中でも、飯坂ゆべしは飯坂温泉を代表する銘菓のひとつ。

もち米にくるみと醤油を入れ、独自製法で蒸し上げた、四角形の”ゆべし”菓子です。

ゆべしとは

“ゆべし”は東北地方で古くから食べられてきたお菓子で、くるみ入りのものが一般的。
日持ちのよさや栄養価の高さから、昔は携帯食としても用いられました。

澤田屋 飯坂ゆべしを開封してみて

澤田屋 飯坂ゆべし開封後

パッケージや個包装には、松尾芭蕉の「奥の細道」にちなんだイラストや、芭蕉の句が使われています。
実際に飯坂温泉で詠まれた歌がこちら。

「笈(おい)も太刀も五月に飾(のぼ)れ紙のぼり」

これは「義経やその家来たちが使った笈や太刀も、端午の節句として帋幟と一緒に飾ればふさわしいだろう」という意味。
笈(おい)は仏具や衣服をおさめる箱のこと、紙のぼりは端午の節句に飾る紙でできたのぼりのことです。

その昔、源義経が敵に追われるなか、家来であった佐藤継信・忠信の兄弟が相次いで義経の身代わりとなり、命を落としました。
嘆き悲しむ母親をなぐさめようと、継信・忠信の嫁がそれぞれの夫の甲冑(かっちゅう)を身にまとい、凱旋(がいせん)するさまを演じたというエピソードに、芭蕉は思わず涙したそう。

弁慶の笈や義経の資料は、飯坂町・医王寺に保管されています。

澤田屋 飯坂ゆべしを食べてみた感想

澤田屋 飯坂ゆべし中身

お菓子は4cm〜4.5cmほどの正方形。
表面には白い粉がまぶされています。

むっちりと弾力のある食感で、噛むほどにじんわりと甘さが広がりました。

甘みだけではなく醤油の塩気もあり、甘じょっぱい味わい。
これこそが東北のゆべしならではの味、という感じがします。

また、たっぷりと入ったくるみのコリコリ食感や、ほのかな苦味がアクセント。
噛みごたえがあって満足感も十分です。

1個あたりが小さめで、個包装になっているため、手土産としても使いやすいですね。

澤田屋 飯坂ゆべしの値段

飯坂ゆべしは、バラで1個から購入できます。7個入りや10個入りの詰め合わせもありますよ。

値段は以下の通りです。

  • 単品:95円
  • 7個入り:700円
  • 10個入り:1,050円

澤田屋 飯坂ゆべしが買える場所や通販について

澤田屋 湯町支店

澤田屋外観

  • 【住所】福島県福島市飯坂町字湯町17-2
  • 【営業時間】8:30〜18:00
  • 【定休日】水曜日

澤田屋は、飯坂温泉街に2店舗を構えています。
和菓子を中心に取り扱う湯町支店と、洋菓子中心の「パティスリーサワダ」がありますよ。

電車の場合、JR福島駅から福島交通飯坂線に乗り換えて25分ほど。
車の場合は福島飯坂ICから15分ほどです。

通販について

通販の場合、電話・FAXで注文を受け付けています。
澤田屋のホームページはありませんが、同封のしおりに番号が記載されていました。

  • 【TEL】024-542-2427
  • 【FAX】024-542-3105

支払い方法は代金着払いのみとなります。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名澤田屋 飯坂ゆべし
内容量7個入り10個入り
製造者(有)澤田屋
製造者住所福島県福島市飯坂町立町8
原材料砂糖水あめもち粉くるみしょうゆ(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法高温多湿・直射日光を避け冷暗所に保管してください。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 16.5cm × 高さ 9cm
名産地福島県福島
販売場所飯坂温泉街
おみやげの種類ゆべし和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。