薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんと

薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんと外装
薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんと外装

薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんとについて

「薩摩ソガラシ菓子野菜かりんと」は鹿児島県のお土産。
鹿児島県といえば「かるかん」のイメージが強いので、私にとってかりんとうは意外なお土産です。

数種類の野菜味プラス黒糖味が入ったかりんとうで、色々な味を楽しめ食べていて飽きません。
徳重製菓とらやが販売している、薩摩ソガラシ菓子シリーズの1つですよ。

ソガラシとは「とてもたくさん」という意味。
この言葉どおり薩摩ソガラシ菓子には、全部で約25種類もの油菓子・米菓子があります。

大きくわけると「かりんとう、おかき、いもボウロ、薩摩黒棒、げたんは」です。
そのうち、かりんとう約10種類、おかき9種類。

かりんとうのラインナップは以下のとおりです。

  • 柚子丸かりんと
  • 白蜜かりんと
  • 青のりかりんと
  • ざらめかりんと
  • やわらか黒糖かりんと
  • 牛乳かりんと
  • 大豆きなこかりんと
  • 生生姜かりんと
  • 一口黒糖かりんと
  • 沖縄黒糖かりんと
  • きんぴらごぼうかりんと

最後のものは料理名のようなかりんとうですね。そのうちレバニラ炒めかりんとう、なんていうものが出るかもしれません・・・。

お土産にする場合は相手の好みに合わせて選べるので、はずれなしですね!

薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんとを食べた感想

かりんとうの色で野菜の味を見分けられるかなと思ったのですが、これが難しい。
判別できたのは黒糖とほうれんそう。それ以外のものは食べ比べてわかりました。

菓子の栞等が入っていませんので、正確な味の種類数はわかりません。
わたしの臭覚と味覚によると、5つの味が入っているようです。

黒糖、ほうれんそう、パンプキン、オニオン、ニンジン。
どの野菜も味をしっかり感じることができ、サクッと美味しいです!

とくにほうれんそうは風味がよくきいており、一風変わったかりんとうに仕上がっていますよ。

個人的には、「野菜かりんと」なので、黒糖はなくてもいいかなと思います。

黒糖は色でいえばブラック。
カラフルな色に黒をまぜることで一変するのと同じように、野菜味が口の中にあっても黒糖を食べることで、すべてが黒糖になります。

野菜をたのしむのであれば、黒糖1:野菜3、4の割合で食べるといいでしょう。

薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんとを購入できる主な場所

薩摩ソガラシ菓子シリーズは、とらや本店ではなく「霧や櫻や」で取り扱っていますので、注意して下さいね。
オンラインショップでの販売は行っていないようです。(2017年1月末時点)

  • 霧や櫻や(住所: 鹿児島県霧島市国分野口西456番1/営業時間9:30~20:00)
  • 鹿児島中央駅構内「みやげ横丁」(営業時間:8:00~21:00)
  • イオンモール鹿児島
  • イオン姶良(あいら)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名薩摩ソガラシ菓子 野菜かりんと
内容量100g以内
製造者有限会社 徳重製菓とらや
製造者住所鹿児島県霧島市国分野口西456番1
原材料小麦粉砂糖水飴食塩脱脂粉乳黒砂糖ブドウ糖胡麻パンプキンパウダー植物油脂(米油)醤油(大豆を含む)イースト(パン酵母)本製品はそば、卵、落花生、えび、かにを使用した共通の設備で製造しております。、乾燥ほうれん草、着色料(ベニコウジ、クチナシ)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月
保存方法直射日光・高温多湿を避け常温で保存。
箱の大きさ横 16.0cm × 奥行き 5.4cm × 高さ 16.0cm
名産地鹿児島県霧島
販売場所鹿児島中央駅
おみやげの種類油菓子かりんとう
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。